鎌倉版 掲載号:2011年8月19日号
  • googleplus
  • LINE

地方交付税 今年度も不交付に 「税収が安定している」と市

 鎌倉市は、2011年度も財政が健全として国からの交付税を受けない「不交付団体」となった。県内で6市町村のみ。今月5日に総務省が発表した。市は1957年度以降、一度も普通交付税を受けていない。

 市財政課は、不交付団体の理由について、税収に占める法人税の割合が少なく、景気に左右されにくいこともあり「税収が安定している」と説明した。

 地方交付税は、各自治体間の財源不均衡を調整することを目的とし、国が地方に代わって税を徴収・配分するもの。不交付団体は年々減少しており、今年度は昨年度比16減の58団体(東京都除く)。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク