鎌倉版 掲載号:2011年8月26日号
  • googleplus
  • LINE

農家用の堆肥回収へ 市、放射性セシウム検出受け

社会

 鎌倉市は今月17日、市が農産物のブランド化事業の一環として販売・配布している「鎌倉ブランド堆肥」について、1キログラムあたり364ベクレルの放射性セシウムが検出されたとして、すでに配布した約3万8千キログラムを回収すると発表した。検査は(社)日本海事検定協会の食品衛生分析センターが実施。

 「鎌倉ブランド堆肥」は、市環境部が行っている植木剪定材堆肥化事業で作った堆肥に牛糞を混ぜ、発酵させた農家専用の堆肥。毎年2回、2月と7月に配布されている。

 7月では、26日に堆肥の配布が行われており、同28日にも予定していたが、27日の農林水産省による堆肥施用の自粛要請を受けて、配布中止を決定した。

 今回の測定結果は農水省が設定する、放射性セシウムを含む肥料の暫定許容値1キログラムあたり400ベクレルを下回る数値。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク