鎌倉版 掲載号:2011年9月16日号
  • googleplus
  • LINE

9月18日(日)由比ガ浜商店街 復興支援に各店セール 4団体 被災地での活動報告も

社会

石巻産の希望の缶詰とかつおぶし
石巻産の希望の缶詰とかつおぶし

 由比ガ浜商店街(堀淳一理事長)は9月18日(日)に「とどけ!つなげ!鎌倉由比ガ浜より熱きメッセージ」を行う。東日本大震災の支援を目的とし各店でのセールや支援団体の活動報告などを行うイベントだ。午前11時から午後5時まで。

 宮城県石巻市で津波にのまれた後、泥を洗い流して出荷された「希望の缶詰」など東北産の商品販売を行い、その収益の一部は鎌倉市民で構成される支援団体へ寄付される。また、由比ガ浜通りの踏み切り近くにある「まちの駅・鎌倉」では被災地支援を行ってきた団体の活動報告会が予定され「鎌倉とどけ隊」など全部で4団体が発表を行う。

 今イベント担当の大木佐悟さんは、4月に被災地へ支援に行き「ひどい状況だった」と絶句。「店を構える商店街の人は実際に現地入りするのは難しい。支援団体を応援することで力になれば」とし、「10年先まで見据えた支援をしていきたい」と話す。

 今回のイベント後も、継続してまちの駅で活動報告の展示を行っていく予定。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク