鎌倉版 掲載号:2011年9月23日号
  • googleplus
  • LINE

海水浴客は約90万人 昨年より約4万5千人減少

社会

 今夏、鎌倉市内の海水浴客数は約90万5千人で、昨年から約4万5千人の減少となった。市観光課が今月14日に発表した。

 減少要因について同課では7月の台風6号の影響や、花火大会の中止をあげる。そのため、7月は約12万3千人の大幅減で約20万人。一方、8月は天候に恵まれ、7万8千人増の約70万3千人。海水浴場別にみると材木座の下げ幅が大きく、前年から約2万2千人の減となった。

 今年は東日本大震災を受けて、避難訓練や避難誘導看板の設置など、津波対策にも努めた。また、放射線測定も定期的に行い、海水からは不検出、砂浜は問題ない数値であった。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク