鎌倉版 掲載号:2011年10月21日号
  • googleplus
  • LINE

11/5・6写真展 50年代の北鎌倉と今 故・皆吉さんの写真で振り返る

文化

皆吉さんの写真を説明する島村さん。写真はすべて「6×6(ロクロク)」サイズのフィルムで。複写しA3用紙に印刷して展示する
皆吉さんの写真を説明する島村さん。写真はすべて「6×6(ロクロク)」サイズのフィルムで。複写しA3用紙に印刷して展示する

 60年前の北鎌倉を現在の姿とともに振り返る。そんな写真展が11月5日(土)と6日(日)の2日間、北鎌倉のギャラリー「鎌倉・結」で行われる。「澄んだ空気が写っている・皆吉邦雄アルバムで見る1950年代」と題され、午前9時から午後4時で入場無料。恒例の「匠の市」と同時開催される。企画・制作を担当する島村國治さん(67)は、「何かを感じてもらえたら」と話している。

 北鎌倉駅ホームに横須賀線が滑り込む写真をはじめ、列車が通り過ぎる円覚寺前の踏切、また東慶寺境内や大船の常楽寺裏山から写した田園風景、小坂小学校周辺に大船観音、さらに若宮大路など北鎌倉を中心に、大船や鎌倉などの今昔写真が説明文とともに約40点展示される。

 古写真と同じ場所での撮影が困難なものは、その場所が分かる地図を併記するなどの工夫もする。

 これら1950年代の北鎌倉を撮影したのは、山ノ内で写真館を営んでいた故・皆吉邦雄さん。皆吉さんは、1916(大正5)年北鎌倉生まれ。戦前は、立川航空隊(写真班)に入隊、南方ビルマ方面の戦闘を経験し、復員後に写真館を開業している。愛蔵の「ローライフレックス」を数台使用していたという。

 2年前に93歳で他界、閉館するにあたり皆吉さんが撮りためた貴重な写真が42冊のアルバムにまとめられ、鎌倉市に寄贈、市中央図書館に保管されていた。

 今回の写真展を担当する島村さんは、今年2月に町内会向けに地元のやぐらなどを紹介する歴史講座を企画。資料集めをする中で、生前に面識のなかった皆吉さんの写真の存在を知ったという。2月の講座でこれらの古写真を紹介したところ、参加者に好評を得た。そのため、島村さんはこれらの貴重な50年代の写真と現在の風景の並列展示を思いつき、今回の写真展開催となった。

 島村さんは、現役時代、大手印刷会社のスタジオカメラマンとして活躍した経験を持ち、皆吉さんの作品について「しっかりとした写真が多い」と評価する。約200点をフィルムから複写し、その内、40点ほどに絞る「苦汁の選択」を行う。その過程で「街並みを見ていて、何を変えてはいけないのか、また何を変えて良いのかに気づかされた」とも話している。
 

鎌倉版のトップニュース最新6件

「伝統文化発信の拠点に」

市内の書家小山渚さん

「伝統文化発信の拠点に」

3月16日号

毎日の運動がポイントに

鎌倉市

毎日の運動がポイントに

3月16日号

「日比谷花壇」が新愛称に

フラワーセンター

「日比谷花壇」が新愛称に

3月9日号

地域と連携 詐欺防止へ

鎌倉警察署

地域と連携 詐欺防止へ

3月9日号

「泣塔」で住民主体の慰霊祭

「手作り」ジャズ祭20回目

Jazz in鎌倉

「手作り」ジャズ祭20回目

3月2日号

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク