鎌倉版 掲載号:2011年11月11日号
  • googleplus
  • LINE

七里ガ浜高 米ブーンズボロと姉妹校 国際交流を強化 海外に2校目

教育

ペギー・ピュー校長と吉田校長
ペギー・ピュー校長と吉田校長

 県立七里ガ浜高校(吉田幸一校長)は先月27日、米国メリーランド州のブーンズボロ高校と姉妹校協定を締結した。同校の海外姉妹校は韓国の水原(スウォン)外国語高校に続き2校目。来春にはブーンズボロ高生徒の訪日も検討されており、吉田校長は「今後とも交流を深めたい」と話す。

 メリーランド州と神奈川県との友好提携30周年事業として、先月26日から5日間、黒岩祐治県知事ら関係者が同州とワシントンD.C.を訪れた。吉田校長も随行し、直接ブーンズボロ高校を訪問した。

 吉田校長は、七里ガ浜高の生徒と職員が事前に折った千羽鶴を持参。また、「米国の生徒に理解してもらいたい」と、鶴の一つ一つに想いがこもっているという英語の解説も添えた。「日本ならでは」と、パンフレットは和紙でつくる工夫も。

 茶道師範の資格を持つ吉田校長は、着物姿で会場に入場。地元の小学生による「さくらさくら」の唱歌が響く中で、茶を点てたという。同校には、日本語学科があり、同科生徒は「着物姿にとてもエキサイトしていた」(吉田校長)。

 七里ガ浜高では、体育祭や文化祭などをはじめ、部活動紹介など、生徒がどのような生活を送っているかを知ってもらうため、協定締結日に英語版のホームページを開設。まずは、両校生徒同士による電子メールの交換をする予定だ。

 ブーンズボロ高では来春の訪日を希望しており、直接の交流も検討されている。吉田校長は「いずれは『フェイスブック』を活用した交流なども興味深い」と一層の交流を期待する。

 今回、ブーンズボロ高と姉妹校提携した県立高は七里ガ浜だけ。以前から、英語圏の学校との交流も要望してきた経緯があり、県高校教育指導課では「その希望を把握していた」として、「総合的に判断」し、吉田校長の随行となった。校長は、民間企業出身で海外経験も豊富なことも、影響したようだ。

 ブーンズボロ高は4年制(15歳〜18歳)で男女別学、生徒数は990人(七里ガ浜高は830人)。
 

鎌倉版のトップニュース最新6件

「伝統文化発信の拠点に」

市内の書家小山渚さん

「伝統文化発信の拠点に」

3月16日号

毎日の運動がポイントに

鎌倉市

毎日の運動がポイントに

3月16日号

「日比谷花壇」が新愛称に

フラワーセンター

「日比谷花壇」が新愛称に

3月9日号

地域と連携 詐欺防止へ

鎌倉警察署

地域と連携 詐欺防止へ

3月9日号

「泣塔」で住民主体の慰霊祭

「手作り」ジャズ祭20回目

Jazz in鎌倉

「手作り」ジャズ祭20回目

3月2日号

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク