鎌倉版 掲載号:2011年11月18日号
  • googleplus
  • LINE

個性表す、作り手の音 手創り弦楽器フェア

文化

来場者の渡辺寿乃さん。「作者によって音が全然違う」と驚いた
来場者の渡辺寿乃さん。「作者によって音が全然違う」と驚いた

 「第3回手創り弦楽器フェア」が、今月12日に鎌倉芸術館で開催され、約400人が来場した。

 鎌倉山弦楽器工房(市内寺分)の主催で、同工房の生徒らが制作したチェロ、コントラバス、ヴァイオリン約40台が展示された。また、それらの楽器を使用して、プロのミュージシャンらによる演奏も披露された。

 演奏の合間には、会場に並べられた作品を自由に試奏できる時間も設けられ、来場者が楽器を手にとって奏で、作り手による音色の違いを楽しんでいた。作者のコメントや経緯も様々で、「鎌倉彫を長く作っていたが、楽器はその先に音がありおもしろい」「娘への遺品作りに始めたが、やみつきになってしまった」、また「定年後趣味で始めたが、初作品でちゃんと音が出るか不安でした」という人も。

 来場者による人気投票も行われ、同工房生徒の南修治さんが出品したヴァイオリンが優秀作品に選ばれた。

 同工房主の斎藤範夫さん(69)は、「鎌倉を、イタリアのクレモナのような音楽と芸術の町にしたい」とし、「来年以降も続けていきたい」と力強く話した。
 

休憩時間には思い思いに楽器の試奏を楽しんだ
休憩時間には思い思いに楽器の試奏を楽しんだ

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク