鎌倉版 掲載号:2011年11月18日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市と相互の応援協定 市、災害時に備え

政治

横浜市の林文子市長を中央に4市の市長ら。鎌倉市からは大谷副市長(右)が出席
横浜市の林文子市長を中央に4市の市長ら。鎌倉市からは大谷副市長(右)が出席

 鎌倉市は今月11日、横浜市役所で同市との災害時における「相互応援協定」を締結した。今回、藤沢・逗子・大和の市長らも参加し、同協定を結んだ。

 内容は、食糧や飲料水などの提供や公共施設の相互利用、児童・生徒等の一時受け入れ、応急対策及び復旧活動に必要な職員の派遣などが盛り込まれている。

 出席した大谷雅実副市長は「東日本大震災を受け、鎌倉市でも様々な課題に直面し、対応策を検討している。3区にわたって市境で接している横浜市と協定を結ぶことで新たな対応策を考えていきたい」と話した。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク