鎌倉版 掲載号:2011年11月25日号
  • googleplus
  • LINE

県津波浸水検討部会 津波想定14m超に 市、来年度ハザードマップ作成へ

社会

 神奈川県の「津波浸水想定検討部会」は今月17日、東日本大震災を受けて再検証してきた津波の想定規模を発表した。鎌倉市では最大14・4mと、これまでの5m想定の3倍近い規模となっている。この発表を受け市総合防災課では、「想定図などを作成し、情報提供に努めたい」としている。

 県の検討部会では、被害が大きかったとされる江戸時代の「元禄」や「慶長」の地震なども対象に検証したという。マグニチュード7・9だったとされる「慶長地震」をモデルにした場合、鎌倉市においては、津波の高さが最大で14・4mになると想定した。

 震災前の想定では、鎌倉市において南関東地震による5m規模の津波となっており、今回の結果は、その予想をはるかに上回る規模となった。

 県流域海岸企画課によると、今回の検証結果を反映させた「浸水区域想定(素案)」を今月中にも発表し、県内の沿岸市町をはじめ県民に公開し、来年1月いっぱい意見を募るとしている。

 今回の発表を受け市総合防災課では、「14m想定の具体的な場所が明確ではないが、今後は一層、避難訓練などを強化するとともに、海抜データや避難所など、具体的な想定図を作成し情報提供に努めたい」と話している。

 正式なハザードマップは、今回の浸水区域想定が確定する今年度末を待って、来年度に作成する予定となっている。
 

鎌倉版のトップニュース最新6件

「伝統文化発信の拠点に」

市内の書家小山渚さん

「伝統文化発信の拠点に」

3月16日号

毎日の運動がポイントに

鎌倉市

毎日の運動がポイントに

3月16日号

「日比谷花壇」が新愛称に

フラワーセンター

「日比谷花壇」が新愛称に

3月9日号

地域と連携 詐欺防止へ

鎌倉警察署

地域と連携 詐欺防止へ

3月9日号

「泣塔」で住民主体の慰霊祭

「手作り」ジャズ祭20回目

Jazz in鎌倉

「手作り」ジャズ祭20回目

3月2日号

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク