鎌倉版 掲載号:2011年12月16日号
  • googleplus
  • LINE

鎌倉アーティストバンク ギフト展を初開催 若手作家8人の作品並ぶ

文化

同カフェに作品が並ぶ(左はアルバレス湊さん)
同カフェに作品が並ぶ(左はアルバレス湊さん)

 鎌倉市在住または出身の若手アーティストによる「クリスマスギフト展」が12月29日(木)まで、カフェ鎌倉美学(市内御成町)で行われている。5月発足の鎌倉アーティストバンクが主催。漆塗りと蒔絵の技法によるオリジナルのブローチやペンダントに、銅版一枚打ち出しのミルクパンなど、個性溢れる作品が並ぶ。同団体の代表を務めるアルバレス湊万智子さんは、「鎌倉の若いアーティストに発表の場を提供したい」と開催目的を話している。

 この「クリスマスギフト展」に参加しているのは、鍛金作家やミュージシャン、陶芸家、彫刻家の若手アーティスト8人で、会場のカフェには、彼らの作品が並ぶ。販売もしており、クリスマスプレゼント用に特別なラッピングも用意する。時間は午前11時30分から午後10時まで(平日は午後3時から6時は休憩)。12月25日(日)には参加アーティストの一人で、ソウルやボサノバ音楽を取り入れるcittaさんのライブも予定。

 このギフト展を主催する「鎌倉アーティストバンク」は、アルバレス湊さんが鎌倉の若手アーティストを支援する目的で今年5月に立ち上げた団体。現在、写真家や鍛金作家、仏像修復師、イラストレーターなど、20、30代を中心とした17人が登録する。

 発足以来、ホームページで登録アーティストの個展情報や参加イベントの情報を掲載したり、10月の江ノ電極楽寺車庫コンサートをプロデュースするなどの活動を行う。

 アルバレス湊さんは同団体について、「著名ではないが、プロを目指す志のあるアーティストを少しでも支援していきたい」と発足理由を語る。アーティストの相互連携による活動の拡大や、自分自身を売り込む場の提供などを目指す。入会金5千円で年会費5千円。

 その他にも、作品制作やイベント企画の依頼も受け付ける。同団体事務局が窓口となり、依頼者が求める作品について登録アーティストがコンペ形式でプランを提案。そうすることで、依頼者は納得できる作品を購入することができ、またアーティストも収入を得ることができる仕組みだ。

 今後は、「登録アーティストによる展示会を年1回は行いたい」(アルバレス湊さん)としている。同団体への問い合わせは【電話】0467・22・2233カフェ鎌倉美学まで。
 

鎌倉版のトップニュース最新6件

「伝統文化発信の拠点に」

市内の書家小山渚さん

「伝統文化発信の拠点に」

3月16日号

毎日の運動がポイントに

鎌倉市

毎日の運動がポイントに

3月16日号

「日比谷花壇」が新愛称に

フラワーセンター

「日比谷花壇」が新愛称に

3月9日号

地域と連携 詐欺防止へ

鎌倉警察署

地域と連携 詐欺防止へ

3月9日号

「泣塔」で住民主体の慰霊祭

「手作り」ジャズ祭20回目

Jazz in鎌倉

「手作り」ジャズ祭20回目

3月2日号

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク