鎌倉版 掲載号:2011年12月23日号
  • googleplus
  • LINE

鶴岡八幡宮ですす払い 総勢約150人で大掃除

文化

5mの煤竹で高いところまでしっかりと
5mの煤竹で高いところまでしっかりと

 鶴岡八幡宮で今月13日、すす払い式が行われた。同宮年末の風物詩だ。

 長さ約5mの竹の先に笹の葉がついた「煤竹」を用いて、「寿」の文字を宙に描く神事のあと、大掃除へ。神職や巫女総勢約150人が、はたきや手拭いを手に丸一日かけて行った。神事で用いられたすす竹も、大掃除に一役買っている。

 すす払いが12月13日に行われるのは、この日が正月の準備を始める「事始め」に当たるため。元々は大掃除ではなく、年神さま(歳徳神ともいわれる新しい年の五穀の豊作を約束してくれる神さま)をまつる準備のための、宗教的な行事だったという。

 しかし、神事としてのすす払いは13日の神棚と仏壇の掃除のみで、家の中や外の掃除はそれ以降の適当な日に行うようになっていった。これが「暮れの大掃除」として定着した。現在、一般的に行われている大掃除には、宗教的な意味合いは薄れてきている。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク