鎌倉版 掲載号:2012年1月20日号
  • googleplus
  • LINE

地域の行事、次代に継承 中央公園で「どんど焼き」

文化

熱さと煙たさに負けじと炎に近づく(14日・中央公園)
熱さと煙たさに負けじと炎に近づく(14日・中央公園)

 「春の七草・どんど焼き」が、今月14日に鎌倉中央公園の農家風休憩舎前で行われた。

 山崎地区の伝統を継承して、(財)市公園協会が近隣自治町内会と「山崎・谷戸の会」の協働で毎年開催している恒例行事。

 炎が上がりすぎないように、同協会職員が深さ50センチ、広さ10平方メートルほどに掘った穴に、近隣住民から集められた正月のしめ縄飾りや古いお札などが積み重ねられた。

 開始前には、谷戸の会が同公園内で収穫したもち米、うるち米や七草を使用した粥とだんごを、1セット100円で振る舞った。参加者は粥で体を温め、先端にだんごを付けた木の枝を手に点火を待った。開始にあたり、今回の世話役で山崎上地区の関根豊さんが、「どんど焼き、さいと焼きなど地域によっていろいろ呼び方があるが、山崎では『さいとのだんご焼き』と呼ばれてきた」などと話をした後、点火。炎が上がると参加者は、煙を避けながら腕を伸ばしてだんごを焼き、1年の無病息災を祈った。

 粥とだんごは250セット用意され、すべて完売。収益は昨年同様、公園の谷戸保全に使われる。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

2/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

精神対話士の相談会開催

精神対話士の相談会開催

3月2日〜4日

3月2日~3月4日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク