鎌倉版 掲載号:2012年2月17日号
  • googleplus
  • LINE

源平池に渡り鳥91羽 横須賀三浦地域で2番目の多さ

社会

 横須賀三浦地域県政総合センターは先月11日、冬の渡り鳥ガンカモ類の生息調査を行った。同センター管轄の鎌倉、逗子、横須賀、葉山、三浦の5市町内18ヵ所の池や河川などの中で源平池(雪ノ下)が横須賀市の轡堰(くつわ ぜき)に次いで多く、91羽が観測された。その理由を同センターは「エサを与える人が多いのでは」と話す。

 同調査は環境省が都道府県に依頼し毎年実施しており、今年度で43回目。生息調査を通して、湿地の保全や鳥獣保護区の設定などを目的にしている。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

2/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

精神対話士の相談会開催

精神対話士の相談会開催

3月2日〜4日

3月2日~3月4日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク