鎌倉版 掲載号:2012年2月17日号
  • googleplus
  • LINE

体育館で宿泊訓練 深沢小で地域住民ら33人

社会

宿泊用ブースを体験する参加者(10日、深沢小)
宿泊用ブースを体験する参加者(10日、深沢小)

 鎌倉市総合防災課は、冬の避難生活を体験してもらおうと先月から週末に市内4ヵ所の小学校で「ミニ防災拠点宿泊訓練」を実施している。今月10日には、深沢小学校で行われた。地域住民ら33人が参加し、うち4人が一夜を明かした。

 機材を使った災害対策本部との交信や、簡易トイレの組み立て、非常食の試食、宿泊用ブースの組み立てなどが行われた。また、東日本大震災の被災地にボランティアとして入った市職員2人による体験談も披露された。

 体験講話を行った市秘書課の奈須菊夫課長は、昨年5月2日から8日間、宮城県石巻市の避難所で支援に携わった。「マニュアル通りには行かない。自分の命は自分で守るという姿勢が重要」とし、「自治体や町内会などが行う訓練に参加することが一番。経験を積むことがとても重要だと思う」と力説した。

 訓練に参加した守谷雅司さん(68)は、「非常食は予想より美味しかった」と感想を述べる一方で、「発電機などの機材が少ない。災害時には今のままでは足りないのでは」と話していた。

 市内では、公立小中学校計25校が一番身近な避難所である「ミニ防災拠点」に指定されている。毛布や携帯トイレ、哺乳瓶など一定量備蓄されているが、市全域では食糧備蓄が不足しており、また、宿泊用ブースは完備されていない。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

2/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

精神対話士の相談会開催

精神対話士の相談会開催

3月2日〜4日

3月2日~3月4日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク