鎌倉版 掲載号:2012年2月24日号
  • googleplus
  • LINE

10m超の浸水も 県 予測をホームページで

社会

 今月6日に行われた県の津波浸水想定検討部会で、新たな「津波浸水予測図(案)」が発表された。2mから10mまでの浸水において、1mごとの詳細な深度予測が示された。

 鎌倉市の場合、「明応型」および「慶長型」の地震において、由比ガ浜と材木座の沿岸で浸水深が最大10mに達する予測となった。10日付で県ホームページに詳細が掲載されている(http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f300010/p419450.html)。

 両地震とも浸水域が沿岸部から鶴岡八幡宮付近まで達しており、その浸水深が図面上、色の濃淡で確認することができる。

 明応地震は、1498年に発生した推定震度5から6で、津波推定高8から10mとされ大仏殿まで達したという史料が残されている。慶長地震は1605年発生で推定震度4以下、県内に関する津波の記録は残っていない。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

2/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

精神対話士の相談会開催

精神対話士の相談会開催

3月2日〜4日

3月2日~3月4日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク