鎌倉版 掲載号:2012年3月23日号
  • googleplus
  • LINE

生涯学習情報誌「鎌倉萌」の表紙を手づくりの冊子にまとめた 加藤 実男さん 扇ガ谷 79歳

第二の人生を楽しむ

 ○…ボランティアで編集・制作されている生涯学習情報誌「鎌倉萌」(市教委発行)。2年間にわたり担当した表紙の写真をまとめ、58頁におよぶ冊子「想い出」にまとめた。文章から印刷、装丁まですべてを一人で行い、誕生日の2月1日に完成。「編集仲間や取材などお世話になった方々にお届けします」と、限定30部。4月までにすべて作り上げたいとしている。

 ○…市の生涯学習推進員として広報部会に所属しており、その関係から2009、10年、「鎌倉萌」の表紙を担当することに。十二所の「番ヶ谷やぐら群」や坂ノ下御霊神社の「面と衣装」など市指定文化財シリーズと、「鎌倉まつり」や「面掛行列」などの祭りと行事シリーズを手がけた。市内各地を巡り、それらほとんどの写真を自ら撮影。表紙の任が終わり、「何か残しておきたい」と鎌倉駅地下ギャラリーで写真を展示。そして、仲間の勧めもあり一冊にすることを決めた。「お金をかけないですべて自分で作るのが楽しい」と、背表紙の色は、ピンクや緑、黒や茶など様々だ。

 ○…秋葉原近くの出身で、父は玩具や菓子の箱を作る職人だった。大学卒業後、シチズン時計に入社し、技術者として腕時計部品の製造に携わった。30歳のころには技術指導でインドへ、また50代半ばには、ドイツ南部のシュトゥットガルト市に、それぞれ5年間駐在。ドイツでは現地生産の責任者を務め、現地の部品会社を求め奔走したという。

 ○…帰国してすぐに定年。「さて何をしよう」。ボランティア活動などで地域に根ざしていた妻の紹介から、市の生涯学習メンバーに。「地域に入ることに抵抗はありませんでした。現役時代のしがらみもなく良いものです」とにっこり。趣味はカメラにパソコン、ジョギング、社交ダンスと多彩だ。今もダンスは週1回ほど通う。「これも妻に背中を押してもらった」と苦笑い。今度は「動画の編集にも挑戦したい」と語った。
 

鎌倉版の人物風土記最新6件

檜本 利夫さん

腰越まちづくり市民懇話会の会長を務める

檜本 利夫さん

2月16日号

谷山 綾子さん

低出生体重児向けの肌着を企画、販売している

谷山 綾子さん

2月9日号

岡 英雄さん

漆工房「時蔵工房」を主宰する

岡 英雄さん

2月2日号

吉田 鋼市さん

『鎌倉近代建築の歴史散歩』を出版した

吉田 鋼市さん

1月26日号

徳増 源七さん

50周年を迎えた(公社)神奈川県宅地建物取引業協会鎌倉支部の支部長を務める

徳増 源七さん

1月19日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月12日号

2/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

精神対話士の相談会開催

精神対話士の相談会開催

3月2日〜4日

3月2日~3月4日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク