鎌倉版 掲載号:2012年3月30日号
  • googleplus
  • LINE

鎌倉市政を考える市民の会 景観維持し「松並木再び」 若宮大路に松の苗木4本を植樹

社会

下馬の交差点から海側に、潮風に強い黒松を植えた=今月22日
下馬の交差点から海側に、潮風に強い黒松を植えた=今月22日

 市民活動団体「鎌倉市政を考える市民の会(山村みや子世話人代表)」は今月22日、若宮大路に4本の黒松の植樹を行った。

 これは、県藤沢土木事務所と市都市景観課との協働事業として、4年前から同会が主催している「若宮大路松並木再生プロジェクト」で、松並木が海岸まで続いていた昭和初期の姿を再現し、若宮大路の景観を維持していこうという活動。この日までに植樹した松は合計で21本になる。

 当日は天候に恵まれ、暖かな日差しのもとに10人が集合。茅ヶ崎海岸の防砂林から間引いた高さ約1m、樹齢5、6歳ほどの黒松の苗木を、若宮大路の海岸寄り、両側の歩道に2本ずつ植樹した。「若い樹のほうが育つ過程も楽しめるし、目線の高さが近い子どもにも関心を持ってもらえる」と同会。今までに植えた松は「100%順調に育っている」とし、「地道に続けていくことに意義がある」と話した。

 同会によると、若宮大路には一の鳥居から海岸線までの間に、この日の4本を含み242本の松が植わっており、桜88本、タブの木など23本を合わせると街路樹は全部で353本。鶴岡八幡宮の段葛の桜約300本を含めると街路樹は650本を超えるという。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

初の潮風マルシェが盛況

会場は築90年の古民家

初の潮風マルシェが盛況

2月16日号

古都の造形美 写し出す

「道端の神様」に案内板

腰越まち懇

「道端の神様」に案内板

2月16日号

母校の留学生を鎌倉に招待

鎌倉稲門会

母校の留学生を鎌倉に招待

2月16日号

熊本市長に約9万円寄付

鎌倉ガーディアンズ

熊本市長に約9万円寄付

2月16日号

シニアの就労支援相談会

2/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

精神対話士の相談会開催

精神対話士の相談会開催

3月2日〜4日

3月2日~3月4日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク