鎌倉版 掲載号:2012年3月30日号
  • googleplus
  • LINE

県内4番目の高さ 市職員のラスパイレス指数

政治

 総務省は今月16日、地方公務員給与実態調査及び地方公共団体定員管理調査(2011年4月1日現在)の結果を公表した。

 それに伴い神奈川県は同日、県内市町村の給与水準を示す「ラスパイレス指数」を発表、鎌倉市は102・3(前年比0・3減)で県内4位(政令指定都市除く)と、高い水準にあることがわかった。

 同指数は、国家公務員の給料月額を100として、地方公務員の給与水準を示すもの。100を超えるほど高い水準となるが、県市町村行政課では「国と比較団体との職員の数、年齢階層などで、数値の正確さの度合いが異なる部分もある」としながらも「自治体での給与構造改革の遅れや初任給の水準なども指標に影響する」と話す。

 鎌倉市職員課では、今回の指数について「国家公務員の給与水準など全体が下げ基調にある中での数値」と話し、市の給与水準も相対的に下がると、数値に変化が出にくいと指摘する。

 今回、県内で指数が最も高かった葉山町は104・9(前年比2・1増)で全国でも1位、県内で最も低かったのは真鶴町の91・0(同1・0増)だった。県内市町村の平均は102・9で前年比2・8ポイントの増加となっている。

基本給1割カットへ

 鎌倉市の職員給与は2010年度で全国3位と高水準にある。市の歳出に占める人件費比率は24・6%(10年度)で県内市で2番目の高さ。税収減で厳しい財政状況の中、人件費削減は市にとって大きな課題だ。

 市職員の平均基本給は、34万8600円(平均年齢43・8歳)で、これに地域手当などが加算され、平均給与は50万1478円(11年4月1日現在)。

 市では、給与適正化に向けて、2度にわたる住居手当引き下げ(一律2万4700円を現在、市内1万8100円、市外1万5300円)や、通勤手当の改定(支給対象を距離1・5Km以上から国家公務員に準じて2・0Km以上に変更)、高卒初任給の減額(15万4400円→14万9千円)などに取り組んできた。

 また、松尾崇市長の方針である基本給の一律1割削減を実施するため職員労組との交渉を行っている。

 一方、22日の市議会定例会最終日に議会提出された職員の地域手当削減を求める決議は、本会議で14対12とこれを否決している。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

2/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

精神対話士の相談会開催

精神対話士の相談会開催

3月2日〜4日

3月2日~3月4日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク