鎌倉版 掲載号:2012年4月13日号
  • googleplus
  • LINE

鎌倉漱石の会 ファンの集いが50周年 4月29日 円覚寺で記念大会

文化

夏目漱石の句碑と菅佐原代表
夏目漱石の句碑と菅佐原代表

 夏目漱石のファンによる団体「鎌倉漱石の会(菅佐原智治代表)」は5月に設立50周年を迎える。これに先がけ、4月29日(日)に円覚寺で記念大会を行う。昨年募集した初企画となる高校生対象の読書感想文の表彰式も予定している。

 同会は年2回の例会を行っており、4月の大会で100回目を迎える。記念大会に位置づけされる今回は、平岡敏夫筑波大学名誉教授らによる基調講演の他に、漱石の晩年作である「明暗」を題材にしたシンポジウムや、高校生対象の読書感想文の表彰式が行われる。

 この感想文の題材は「こころ」「坊っちゃん」「草枕」「三四郎」の4作品。全国の高校から964点の応募があり、最優秀賞1人をはじめ優秀賞や佳作など、計58人が選ばれた。「こころ」の応募作が一番多く、全体の7割を占めていたという。

 同会は漱石文学を愛した元北里大学教授の内田貢さんが1962年に発足させたもの。同年12月の命日には円覚寺帰源院に漱石の顕彰碑を建立し、以後毎年、研究家や大学教授を同院に招いて講演会を行っている。当初は記念館建設を目標としていたが、土地取得の問題等から断念。内田さんの死後は、親交のあった菅佐原さんが代表を引き継ぎ、ファンたちの交流の場として同会を今日まで継続している。現在会員は400人を超える。

 菅佐原さんは「漱石は漢詩や俳句、英文学に精通するエリート。そのスーパーマン然とした人となりや幅のある作品に魅せられた人が集まってくる」と話す。

 夏目漱石は1867年に生まれ、「吾輩は猫である」など数々の代表作を世に残した。鎌倉を訪れたのは27歳の時。友人の勧めで円覚寺帰源院に参禅し、住職との交流が続いたという。そして1916年、「明暗」の連載中に死去した。

 記念大会は一般参加も可能。午前10時から午後5時まで。事前申込制で、会費は3500円(昼食代込)。申【電話】042・675・2365菅佐原さんまで。
 

鎌倉版のトップニュース最新6件

「梅の香りと店巡り楽しんで」

長谷地域商店主有志

「梅の香りと店巡り楽しんで」

2月16日号

ICカードで精算可能に

湘南モノレール

ICカードで精算可能に

2月16日号

歴史・文化の発信拠点に

旧県立近代美術館鎌倉館

歴史・文化の発信拠点に

2月9日号

外国人にスマホ貸し出し

神奈川県市観光協会

外国人にスマホ貸し出し

2月9日号

ゆかりの地「一色先生」が紹介

子育て支援・教育に重点

2018年度当初予算案

子育て支援・教育に重点

2月2日号

2/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

精神対話士の相談会開催

精神対話士の相談会開催

3月2日〜4日

3月2日~3月4日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク