鎌倉版 掲載号:2012年7月6日号
  • googleplus
  • LINE

精神障害者支援団体「道」が10周年 工房新たに 初の作品展 就労の一助を目指す

社会

作品を手にする岩立代表(左)と下山田さん
作品を手にする岩立代表(左)と下山田さん

 精神障害者の就労支援活動を行うNPO法人「道」(岩立実勇代表=人物風土記で紹介=)は今年の4月に設立10周年を迎えた。2月には扇ガ谷の地域作業所を分離し、小町に「道工房」を開設、7月12日(木)からは初となる展示会「道工房展」を行う。同法人では、いずれは作品の販売など「今回の取り組みが就労の一助になれば」と期待する。

 7月12日から小町にある「ギャラリーやまご」で開催される「道工房展」には、利用者がこれまでに制作してきた約60作品が並ぶ。

 2月に工房を開設するまで作品制作は、月2回のパステル画教室のみで行っていた。同教室は扇ガ谷の作業所で行っていたため、他の活動との切り離しが難しく、利用者の集中を妨げてしまうことが多々あったという。

 工房開設により活動が週2回に増え、パステル以外の画材の取り扱いが可能になるなど、環境が充実。アート部門リーダーの下山田千賀子さんは「のびのびと、各自のペースで制作活動に臨めている。絵を介すことで感情表現ができる人もいるので、工房はとても良い環境」と話す。今後はこれらの作品をエコバッグやTシャツ、マグカップなどに加工し、就労の一助となる体制作りを目指していく。

 「道」は2002年4月に岩立代表が立ち上げ、現在7人の職員と約40人のボランティアで活動している。地域のつながりを深めていくことで、利用者の生活の幅を広げることを目指しており、近くに住む独居老人を招いての昼食会や、地域でのバザー開催などを行っている。

 「道工房展」は7月12日(木)から17日(火)までギャラリーやまご=小町2の2の10=で開催される。午前10時から午後5時、入場無料。問い合わせは【電話】0467・53・9201道工房へ。
 

鎌倉版のトップニュース最新6件

「梅の香りと店巡り楽しんで」

長谷地域商店主有志

「梅の香りと店巡り楽しんで」

2月16日号

ICカードで精算可能に

湘南モノレール

ICカードで精算可能に

2月16日号

歴史・文化の発信拠点に

旧県立近代美術館鎌倉館

歴史・文化の発信拠点に

2月9日号

外国人にスマホ貸し出し

神奈川県市観光協会

外国人にスマホ貸し出し

2月9日号

ゆかりの地「一色先生」が紹介

子育て支援・教育に重点

2018年度当初予算案

子育て支援・教育に重点

2月2日号

2/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

精神対話士の相談会開催

精神対話士の相談会開催

3月2日〜4日

3月2日~3月4日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク