鎌倉版 掲載号:2012年9月28日号
  • googleplus
  • LINE

鎌女大高等部森本鈴佳さん 大会新記録で初優勝 県新人競歩 2分超の更新

教育

ウォーミングアップで走りこみをする同部員。青いたすきを掛けているのが森本さん=21日
ウォーミングアップで走りこみをする同部員。青いたすきを掛けているのが森本さん=21日

 鎌倉女子大学高等部(千葉充部長)陸上競技部2年生の森本鈴佳さんが、9月16日に相模原麻溝公園競技場(相模原市南区)で行われた第54回「県高等学校新人陸上競技大会」の女子5000m競歩で29分38秒93のタイムで大会記録を更新し、初優勝を飾った。森本さんは10月27日に山梨県で行われる第16回「関東高等学校選抜新人陸上競技選手権大会」に県代表として出場する。

 県大会には各地区大会を経て進出した14人が出場。上位3人が10月に山梨県甲府市で行われる関東大会へと駒を進めた。森本さんは昨年に続き、2年連続の関東大会出場となる。

 県大会は混戦で、7人までが大会記録更新という展開に。森本さんと2位の選手との差はわずか1秒。優勝タイムは、従来の大会記録を2分以上も更新するものだった。「タイムよりも失格にならないようにフォームを意識した。残り4周で先頭に立って、このまま行ければと思った」と森本さん。「常にどちらかの足が地面に接していなければならない」「前脚は接地の瞬間から地面と垂直になるまで膝を曲げてはならない」など厳しくルールが定められている競歩は、「失格との戦い」でもあるのだという。「難しい競技だけど、正しいフォームや歩き方のコツを覚えると記録や成績が上がる」と魅力を語った。

 森本さんは「26分16秒77の自己ベストを更新したい」と関東大会の抱負を語り、今後の目標を「来年夏のインターハイに出たい」と話した。

 同部顧問の長柄歩教諭は「試合にベストな状態で臨むとともに、昨年の6位入賞を超えられるよう力を出し切って欲しい」と話した。

11人で切磋琢磨

 同部は高校生9人、中学生2人の計11人で、朝や放課後、土曜日などにグラウンドに出て練習している。高校生は現在、11月に行われる県高校駅伝に向けて、長距離中心の練習に取り組んでいるという。
 

鎌倉版のトップニュース最新6件

「梅の香りと店巡り楽しんで」

長谷地域商店主有志

「梅の香りと店巡り楽しんで」

2月16日号

ICカードで精算可能に

湘南モノレール

ICカードで精算可能に

2月16日号

歴史・文化の発信拠点に

旧県立近代美術館鎌倉館

歴史・文化の発信拠点に

2月9日号

外国人にスマホ貸し出し

神奈川県市観光協会

外国人にスマホ貸し出し

2月9日号

ゆかりの地「一色先生」が紹介

子育て支援・教育に重点

2018年度当初予算案

子育て支援・教育に重点

2月2日号

2/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

精神対話士の相談会開催

精神対話士の相談会開催

3月2日〜4日

3月2日~3月4日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク