鎌倉版 掲載号:2012年11月30日号
  • googleplus
  • LINE

グーグル主催のコンテスト 全国10作に入選 大船高2年の加藤さん

教育

作品を手にする加藤さん。「Doodle 4 Google」で検索すると作品を確認できる=22日、大船高校
作品を手にする加藤さん。「Doodle 4 Google」で検索すると作品を確認できる=22日、大船高校

 インターネット検索サイトを運営するGoogle(グーグル)主催のデザインコンテストで、この度、県立大船高校2年の加藤鮎美さん(16・稲村ガ崎在住)の作品が高校生の部で全国10作品の1つに選ばれた。

 「Next Our Home」と題する加藤さんの作品は、電車の窓で「Google」の文字を表現し、窓からは地球が見えるというもの。

 このコンテストは、「Doodle 4 Google」(ドゥードゥル フォー グーグル)という名称で、日本全国の小中高生を対象に今年で4回目。同社名文字を独創的なアイデアでデザインする「Doodle」(いたずら書き)に由来する。今年は「100年先の未来」をテーマとして、全国から10万点を超える応募があったという。

 大船高校では、美術の浅野操教諭の指導により昨年から夏期課題として同コンテストに参加しており、昨年は、三船亜子さん(当時1年生)が高校生部門で1作品に贈られる最優秀賞に輝く快挙。今年は、課題として提出された約110点の作品を応募している。

 高校生部門の10作に選ばれた加藤さんは、作品について「100年先の未来でも地球が青い星のままであって欲しい。その願いを込めた」と説明する。

 当初は飛行機にしようと考えたが、「窓が小さくて『Google』を表現しにくかった。だから思い切って電車にした」という。座席の色は濃い青で車内の雰囲気も、意図せず通学に使用する横須賀線のイメージになったようだ。

 今回の作品は、絵の具などの画材は使わず、数年前にお年玉で購入した「ペンタブレット」(パソコンで絵を描く装置)で制作した。卒業後は美術大学進学を目指し、専門の予備校に通う。「将来はデザインの仕事をしたい」と話していた。

 今年の最優秀およびグランプリは、インターネットからの一般投票(11月20日終了)の結果を踏まえ12月上旬に決定予定。審査は同社スタッフおよび大学生らが担当した。
 

鎌倉版のトップニュース最新6件

「梅の香りと店巡り楽しんで」

長谷地域商店主有志

「梅の香りと店巡り楽しんで」

2月16日号

ICカードで精算可能に

湘南モノレール

ICカードで精算可能に

2月16日号

歴史・文化の発信拠点に

旧県立近代美術館鎌倉館

歴史・文化の発信拠点に

2月9日号

外国人にスマホ貸し出し

神奈川県市観光協会

外国人にスマホ貸し出し

2月9日号

ゆかりの地「一色先生」が紹介

子育て支援・教育に重点

2018年度当初予算案

子育て支援・教育に重点

2月2日号

2/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

精神対話士の相談会開催

精神対話士の相談会開催

3月2日〜4日

3月2日~3月4日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク