鎌倉版 掲載号:2012年11月30日号
  • googleplus
  • LINE

12月1、2日に第5回「予告篇ZEN映画祭」を主催する「湘南遊映坐」代表の 岡博大(ひろもと)さん 藤沢市在住 41歳

「2分間の魅力」を発信

 ○…約2分間でシンプルに映画の核心をつく。そんな予告編に魅せられ、市民団体「湘南遊映坐」を結成し、「予告篇ZEN映画祭」を主催している。第5回の節目を迎える今年はシンポジウムや宇崎竜童さんのライブといった特別プログラムを用意し、初めて2日間開催を試みる。「総合芸術である映画を通して、色々なアートに触れる機会にしてもらえれば」と語った。

 ○…藤沢市出身。湘南高校に入学するも「勉強を頑張り続け、大学に入り就職をする、そんなレールに乗っかって良いのか」と疑問を感じ、留年の道を選んだ。「人生について考える良い時間だった」と振り返る。その後、「新しいことに挑戦したい」との思いから開設間もない慶應義塾大学総合政策学部に進学。「興味をもったら何でも聴講」をモットーに様々な講義を受けたという。その中で講師として来ていた建築家の隈研吾さんと出会った。隈さんは、建築は総合芸術であるとし、能や絵画など幅広く文化について取り扱った。「先生の講義で人生が豊かになった。自分も芸術文化を伝えていけたら」と、大学卒業後は情報を発信できる新聞記者の道に進んだ。

 ○…元より好きだった映画は、放送芸能部の記者として取材活動を進める内により身近なものへとなっていった。そんな折、時代劇映画「山桜」の予告編に衝撃を受けた。「予告編で泣いたのはこれが初めて」と話し、この魅力を広めるため、2008年に映画祭を横浜で、以後は浄智寺で開催。映画の活動に集中するため昨年、会社を辞めた。

 ○…10年からは隈さんに主眼をあてたドキュメンタリーの撮影を開始、映画監督としての一面も持つように。震災後は、「湘南遊映坐」の活動として宮城県などで移動映画館を行った。「涙を流しながら観ている人がいて、映画の力を再認識した」と語る。「今まさに映画の難しさと素晴らしさを体感している」と目を輝かせた。
 

鎌倉版の人物風土記最新6件

檜本 利夫さん

腰越まちづくり市民懇話会の会長を務める

檜本 利夫さん

2月16日号

谷山 綾子さん

低出生体重児向けの肌着を企画、販売している

谷山 綾子さん

2月9日号

岡 英雄さん

漆工房「時蔵工房」を主宰する

岡 英雄さん

2月2日号

吉田 鋼市さん

『鎌倉近代建築の歴史散歩』を出版した

吉田 鋼市さん

1月26日号

徳増 源七さん

50周年を迎えた(公社)神奈川県宅地建物取引業協会鎌倉支部の支部長を務める

徳増 源七さん

1月19日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月12日号

2/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

精神対話士の相談会開催

精神対話士の相談会開催

3月2日〜4日

3月2日~3月4日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク