鎌倉版 掲載号:2012年11月30日号
  • googleplus
  • LINE

部屋中がキャンバスに 市内梶原で「絵具ざんまい」

教育

この日は3歳から小学6年生までの子どもたち約80人が参加した=24日
この日は3歳から小学6年生までの子どもたち約80人が参加した=24日

 ホール全体をキャンバスにして、好きなものを自由に描く催し「絵具(えのぐ)ざんまい」が11月24日、梶原子ども会館(市内梶原)で開催された。市内の子育て支援グループが集まって活動している「かまくら子育て支援グループ懇談会」と、市の主催。

 同会館2階ホールの床や壁、天井を紙やビニールで覆い、大きなキャンバスに。子どもたちは、ヒノキの棒の先にはけを取り付けた1mほどの「筆」に赤や青、黄色の絵の具をたっぷり付けて、思い思いに塗りたくっていた。

 市内鎌倉山から参加した大門春太郎君(5)は「ぐちゃぐちゃ描いて、楽しかった」と話した。

 今回の催しは同懇談会に属する「梶原あそび基地」が企画。代表の水澤麻美さん(43)は「子どもがやりたいことを、できる限り制限しないで遊べる居場所を作りたい」と話した。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

2/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

精神対話士の相談会開催

精神対話士の相談会開催

3月2日〜4日

3月2日~3月4日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク