鎌倉版 掲載号:2012年12月7日号
  • googleplus
  • LINE

正月準備が大詰めに 鶴岡八幡宮で破魔矢奉製

文化

鏑、和紙、鈴を順番に取り付けていく=11月30日撮影
鏑、和紙、鈴を順番に取り付けていく=11月30日撮影

 正月の授与品である「破魔矢」の奉製が鶴岡八幡宮で大詰めを迎えている。11月30日にはその様子が上宮神楽殿で一般公開され、年の瀬を告げる光景に足を止める参拝客が多く見られた。

 巫女たちが順々に鏑、和紙、鈴を手作業で取り付けていき、一本の破魔矢を作り上げていく。完成した大小の破魔矢がうず高く積み重ねられ、新年を迎える準備が着々と進んでいることが伺える。

 破魔矢は60cm(初穂料千円・20万本奉製)と、94cm(初穂料2千円・4万5千本奉製)の2種類で、同宮では毎年2月から12月にかけて全部で24万5千本を手作りしている。

 この破魔矢は、同宮の創建と深く関わる神宝「黒漆矢」(現国宝)にちなむ。11世紀の「前九年の役」で源頼義は、京都の石清水八幡宮から授かった破魔弓・破魔矢を守護として奥州に赴いたとされる。安倍氏との戦いに勝利した頼義は神恩に感謝し、由比ガ浜に八幡大神を祀り、この弓矢を神宝として奉納したという。

 同宮では「このような故実にちなんで授与される当宮の破魔矢は、由緒の正しい格調高い正月の授与品です」としている。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

2/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

精神対話士の相談会開催

精神対話士の相談会開催

3月2日〜4日

3月2日~3月4日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク