鎌倉版 掲載号:2012年12月14日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

自分の血液を使った若返り術が進化、『プレミアムPRP皮膚再生療法』とは 目の下のクマ・ほうれい線対策に アンチエイジング世代を中心に施術が急伸中

片岡二郎先生
片岡二郎先生

 「最近シワやクマが目立ち、老け顔に」そんな方のための若返り術が『プレミアムPRP皮膚再生療法』。自己血を使うPRP療法が更に進化した同治療法の施術が急伸中という、聖心美容外科・横浜院院長の片岡先生にお話しを伺いました。

 Q 『プレミアムPRP皮膚再生療法』とは?

 A ご自分の血液を使った『PRP治療』は、血液からPRPという成分を取り出し、気になる部分に注入するという若返り術です。当院で行っている『プレミアムPRP皮膚再生療法』は、さらにこのPRPに成長因子(グロースファクター)を加えて、これまで効果が安定しにくかった目の下のクマ・くぼみ、口のまわりのシワ(ほうれい線)・首のシワなどにも対応する治療法となっています。注入箇所のご相談は、まずお電話でお問合せ下さい。当院では、一人ひとりの症状に応じて成分濃度や注入量、注入部位を調節するオリジナルメソッドを確立しています。旧PRPでは1回の注入で効果が約1〜2年、同治療法では1回の注入で約3年以上効果が持続(個人差あり)するということで費用と効果のバランスが向上したのもこの治療法が選ばれる理由です。施術部位は「目の下」と「ほうれい線」が圧倒的に多く、年代別では20〜80代まで、特に30〜50代が増えています。注入医療は医師の経験と技術が問われるので、豊富な症例を持つ専門医に相談するのが安心でしょう。

 Q デメリットはないのでしょうか?

 A 術後、多少腫れる場合があります。また症状によっては別の治療法が適していることもあるので術前カウンセリングが重要です。なお当院は2008年にこの治療法を導入、症例数は現在14000件を超えています(2008年4月〜2012年9月)。自己血を使うためアレルギーの心配が殆どなく繰り返し注入する必要がない点で優れた治療法と言えるでしょう。
 

目の下のクマ・くぼみほうれい線が気になる方に
目の下のクマ・くぼみほうれい線が気になる方に
1人ひとりの症状に合わせ、濃度や注入量を変える
1人ひとりの症状に合わせ、濃度や注入量を変える

聖心美容外科

横浜市神奈川区鶴屋町2‐24‐1谷川ビルANNEX7F

TEL:0120-488-505

http://www.biyougeka.com

鎌倉版のピックアップ(PR)最新6件

2/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

精神対話士の相談会開催

精神対話士の相談会開催

3月2日〜4日

3月2日~3月4日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク