鎌倉版 掲載号:2013年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

国宝館で 肉筆画の美に迫る 2月11日まで

文化

約50点が展示
約50点が展示

 鎌倉国宝館(市内雪ノ下)では、本日から2月11日(月・祝)まで「肉筆浮世絵の美・氏家浮世絵コレクション」を開催している。

 同企画は、肉筆浮世絵蒐集家の故・氏家武雄氏と鎌倉市が協力して立ち上げた財団法人「氏家浮世絵コレクション」による、新春恒例の展覧会。葛飾北斎や菱川師宣などの作品約50点が一堂に会する。

 展示作品は全てが作家自身による肉筆。版画と異なり、細やかな筆づかいや微妙な色彩が駆使され、画家本来の技量を知る貴重な資料であるという。

 観覧料は一般400円、小中学生200円。午前9時から午後4時30分まで。祝日を除く月曜と1月15日(火)休館。問【電話】0467・22・0753鎌倉国宝館
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

江ノ電の歴史を訪ねる

江ノ電の歴史を訪ねる

写真、ジオラマを展示

3月22日~4月8日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク