鎌倉版 掲載号:2013年1月18日号
  • googleplus
  • LINE

避難者発案で物産販売 市内2店が協力

社会

店内で販売=12日、花章津西店
店内で販売=12日、花章津西店

 市内西鎌倉の「花章」津西店と、手広の「林とうふ店」の店舗内で、昆布やわかめ、切干大根、ささがきゴボウ、浪江焼きそばなどの東北物産を販売している。

 これは、西ヶ谷住宅(市内手広)に居住している東日本大震災の避難者と、市内の有志らによって組織されている団体「東北支援・鎌倉プロジェクト」が働きかけたもの。

 同プロジェクトの一人で、福島県南相馬市から避難している阿部美由紀さん(49)が、自身が働く障害者の作品販売店「朋」(市内扇ガ谷)で扱っていた東北物産を、他でも販売できないかとプロジェクトに持ち込んだ。

 昨年10月頃、プロジェクトから、花章を営む西鎌倉商店会の根本捷男会長(74)に話を持ちかけ、同様に林とうふ店にも声をかけた。根本会長は「避難者は個人資産を失っている。直接目に見える支援ができれば」とし「設置店舗を増やしていきたい」と話した。

 売り上げは、同プロジェクトの活動資金として、避難者の自立支援などに使用される。問は【携帯電話】090・7249・7291同プロジェクト事務局、下川さんへ。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

江ノ電の歴史を訪ねる

江ノ電の歴史を訪ねる

写真、ジオラマを展示

3月22日~4月8日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク