鎌倉版 掲載号:2013年1月18日号
  • googleplus
  • LINE

七草がゆで今年も健康に 大船観音寺で振る舞い

文化

熱々のかゆを修行僧が盛り付けた=7日
熱々のかゆを修行僧が盛り付けた=7日

 毎年恒例の催し、七草がゆの振る舞いが1月7日、大船観音寺(市内岡本)で行われた。

 約5升の米を5回に分けて炊き、約300食分を用意。前日に同寺の修行僧が刻んだ七草と京菜を入れて、こぶだしなどで味をつけたかゆに、参拝者は梅干しや塩昆布、赤じそのふりかけなどの薬味を混ぜて味わっていた。

 山梨県から家族4人で参拝に訪れていた女性(43)は、「大船観音寺には初めて来た。七草がゆは自宅ではなかなか食べる機会がない。体の中がさっぱりした感じがする」と満足した様子だった。

 七草がゆは、毎年1月7日に無病息災を願って食べる日本の行事食。同寺では毎年この日に、参拝者にかゆの振る舞いを行っている。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

江ノ電の歴史を訪ねる

江ノ電の歴史を訪ねる

写真、ジオラマを展示

3月22日~4月8日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク