鎌倉版 掲載号:2013年2月15日号
  • googleplus
  • LINE

県総合文化祭の文芸部門で「短歌」「小説」の2部門で最優秀賞に輝いた 平山 歩実さん 岡本在住 18歳

好きの気持ち 花開き2冠

 ○…「第31回高校文芸コンクール」でただ一人、2部門で最優秀賞を受賞。「知らせを受けた時は信じられなくて、夢じゃないかと思った」と振り返る。短歌作品では、インターネットを題材に仮想現実での他者との繋がりの曖昧さや、存在への問いかけを鮮やかに切り取ってみせた。また小説「ビスクドール」は、人の魂が人形に乗り移るという幻想的な世界観で、女性の情念を軸に恋愛とミステリー、ホラーなど多彩な要素をまとめ、原稿用紙30枚で書き切った力作だ。

 ○…藤沢清流高校で文芸部の部長を務める。「昔から本が好きで、読むうちに自分でも書けるかなと思った」。中学3年で友人と自作の短編小説を交換し、書く楽しさを知ったという。同コンクールでの受賞は今回が初めて。「高校最後の年に、こんなに立派な賞をもらえてとてもうれしい」と照れ笑いを見せ、「今後も書き続けてネットなどで発表していけたら」と話す。

 ○…岡本在住。小学生の頃からトランペットを習い、ジャズのビッグバンドも経験。バンドでは指導者から俳句を教わる機会もあり、「俳句や歌を楽しむきっかけになった」と語る。中学では剣道部で汗を流し、清流高でも文芸部のほか、吹奏楽部と剣道部に所属する「三足のわらじ」。好きな作家は桜庭一樹や乙一などで、物憂げで繊細な雰囲気の作品が好み。「女性の心理の描写がすごくいい」という桜庭一樹は、一番のお気に入りだ。

 ○…音楽やアニメ、ファッションなど興味の幅は広い。特に大好きな音楽ユニット「アリプロジェクト」を語る口調には熱がこもる。4月からは多摩大学に進学。英語を中心に学び、将来は「ネット通販などの仕事で、海外の現代日本文化ファンが作品を購入する手助けをしたい」という。好きなものを語る目の輝きに、様々な文化や作品を取り込み自作に昇華する、表現者の顔を見た。
 

鎌倉版の人物風土記最新6件

藤田 彩歌さん

3年間のイタリア留学を終え、4月21日に市内で帰国記念公演を開くオペラ歌手

藤田 彩歌さん

3月30日号

釣巻(つりまき) 崇さん

由比ガ浜に店舗を構え、鎌倉市中央図書館で展示中のジオラマを制作した

釣巻(つりまき) 崇さん

3月23日号

吉井 瑞穂さん

オーボエ奏者でコンサートシリーズ「レゾナンス『鎌倉の響き』」を主催する

吉井 瑞穂さん

3月16日号

藤田 萌子さん

「神奈川県警察逮捕術大会」女子個人戦で優勝した

藤田 萌子さん

3月9日号

小岩 裕一さん

鎌倉宮の宮司を務める

小岩 裕一さん

3月2日号

近藤 奎五さん

今年で第10回を迎えた鎌倉子供囲碁大会の実行委員長

近藤 奎五さん

2月23日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

江ノ電の歴史を訪ねる

江ノ電の歴史を訪ねる

写真、ジオラマを展示

3月22日~4月8日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク