鎌倉版 掲載号:2013年3月15日号
  • googleplus
  • LINE

鎌倉青年会議所 3D防災マップを寄贈 障害者避難の一助に

社会

高低が分かりやすい3D印刷
高低が分かりやすい3D印刷

 「鎌倉市障害者福祉施設・作業所防災マップ」が3月4日、(公社)鎌倉青年会議所(以下JC)から市に寄贈された。

 これは、震災の被災地で障害者が避難時やその後の生活で直面した課題をもとに、市内の障害者とその関係者に役立ててもらおうと作成したもの。

 縦1・2m、横2・4mの大きさで、ビニール製。障害により文字や数字で標高を理解することが困難な人でも高低を判別しやすいよう、立体的な3D印刷になっている。

 そのほか、市内の福祉避難所の場所や、個々の障害に対する支援方法なども記載されている。

 通常、同マップは市障害者福祉課の前に掲示される。市では、イベント開催時などに掲示を行う方針で、3月10日には市役所駐車場で行われた復興支援のイベントで初めて使用され、来場者に披露された。

 JCでは「このマップを多くの人に知ってもらえれば。今後は持ち運べる携帯版なども作っていきたい」としている。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

江ノ電の歴史を訪ねる

江ノ電の歴史を訪ねる

写真、ジオラマを展示

3月22日~4月8日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク