鎌倉版 掲載号:2013年3月15日号
  • googleplus
  • LINE

耐震改修費補助金制度 申し込みが過去最多に 震災後に利用急増

社会

 鎌倉市が実施する「木造住宅耐震改修工事費補助金交付制度」の今年度の申し込み件数が制度開始以来、最多となった。東日本大震災後の関心の高まりを受けたものと見られ、市では「引き続き制度の利用促進により住宅の耐震化を進めたい」とする。

 同制度は、1981年5月31日以前に建築された一戸建て住宅、二世帯住宅または店舗兼用住宅を耐震改修する際に、工事費の2分の1かつ上限70万円を補助するもの。市が月2回程度行っている耐震窓口相談に出席した上で、現地耐震診断の評点が1・0未満と診断された住宅が対象となる。

 鎌倉市都市調整部建築指導課によれば、3月1日現在で同制度への申し込みは33件。市では12年度当初予算で18件(1360万円)を同事業のために計上していたが、8月には予定の件数を上回ったため、9月議会で8件分(570万円)、12月議会に13件分(950万円)の補正予算を計上しいずれも承認された。

 07年の制度開始から5年間の合計が60件だったことから考えると、その急激な増加が分かる。理由について市は、東日本大震災後の関心の高まりに加え「今年度から補助金の上限を50万円から70万円に引き上げたほか、住宅リフォームへの助成制度との併用が可能になったこと」などを挙げる。

 ただ市内にある1981年5月31日以前に建てられた住宅は約1万軒に上る。その大半が現在の耐震基準を満たしていないと見られるが、改修には数百万円かかるため、経済的な理由で踏み切れない人も多い。また阪神淡路大震災を機に設けられた耐震診断補助制度は「数年で利用が低調になった」(建築指導課)事実もあり、震災から時間が経過し、耐震化への意識が薄まる可能性もある。

 市は現在審議中の13年度当初予算案に、同事業の費用として30件(2220万円)を盛り込んだ。市では「広報などを活用し引き続き制度の周知に努めたい。要望があれば町内会などに出向いて制度の説明を行うなどして、利用を促進したい」としている。
 

鎌倉版のトップニュース最新6件

改修終え4月1日再開

フラワーセンター

改修終え4月1日再開

3月30日号

地元企業が共同で「社食」運営

ごみ処理施策めぐり紛糾

鎌倉市議会

ごみ処理施策めぐり紛糾

3月23日号

障害者診療がスタート

市歯科医師会

障害者診療がスタート

3月23日号

「伝統文化発信の拠点に」

市内の書家小山渚さん

「伝統文化発信の拠点に」

3月16日号

毎日の運動がポイントに

鎌倉市

毎日の運動がポイントに

3月16日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

江ノ電の歴史を訪ねる

江ノ電の歴史を訪ねる

写真、ジオラマを展示

3月22日~4月8日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク