鎌倉版 掲載号:2013年3月15日号
  • googleplus
  • LINE

「ビブリア」著者 市長を訪問 三上延さん「北鎌倉に愛着」

文化

松尾市長と三上さん(左)=3月8日
松尾市長と三上さん(左)=3月8日

 鎌倉を舞台にしたミステリー小説「ビブリア古書堂の事件手帖」の著者、三上延(えん)さん(41)が3月8日、松尾崇市長を表敬訪問した。

 三上さんと松尾市長は歴史ある街並みなど鎌倉の魅力について会談。大船高校出身の三上さんは「北鎌倉には愛着がある。夏目漱石に縁がある円覚寺は特に好きな場所」と話し、松尾市長は「登場人物の栞子(しおりこ)さんが魅力的で惹きこまれる」と作品の感想を話した。

 「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズはアスキー・メディアワークス刊行の若者向けのライトノベル。昨年は文庫として初めて「本屋大賞」にノミネートされ、現在フジテレビで連続ドラマが放送されている。著者の三上さんは1971年横浜市生まれ。02年に「ダーク・バイオレッツ」でデビューした。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

江ノ電の歴史を訪ねる

江ノ電の歴史を訪ねる

写真、ジオラマを展示

3月22日~4月8日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク