鎌倉版 掲載号:2013年3月22日号
  • googleplus
  • LINE

「山崎・谷戸の会」の事務局長を務める 黒川 美加さん 山崎在住 47歳

里山文化を継承

 ○…山崎地区の農文化を継承し、鎌倉中央公園の谷戸の景観や里山保全活動を行っているNPO法人「山崎・谷戸の会」。前身には20年以上前から活動している団体もある。事務局長には2011年6月に就任。同会は今年2月、地球環境保全に向けた活動をしている個人や企業、団体に贈られる県の「かながわ地球環境賞奨励賞」を受賞した。「長い期間活動を継続していることが評価されたのでは」と受賞について語る。

 〇…出生は富山県。幼少時は父親の仕事の都合で転居が多く、10歳頃世田谷区へ。以来東京暮らしが長く、通勤・通学は専ら地下鉄。自ら「アスファルト育ち」と話すほど山野のある光景には縁遠い生活を送ってきた。大学卒業後は都内の大手企業でシステムキッチンなどを販売。26歳の時、結婚を機に夫の地元である鎌倉に移住した。

 〇…当時、地域に溶け込み、幼い愛息に遊び仲間を作るため、同会の前身である「山崎の谷戸を愛する会」に入会。そこで目にした、田畑で異なる世代が楽しそうに一つの作業をする様子が「衝撃的だった」と振り返る。以前の都会生活は、便利さや目新しさをもたらすと同時に「息苦しかった」。会の活動を続けるうちに次第に谷戸の「自分たちの暮らしを自分たちで作る、人間的な営み」の魅力に引き込まれていった。

 〇…夫もともに保全活動を行っている。3人の子どもも谷戸で育った。同会は来年節目の10周年を迎える。都会で育った自身が事務局長を務めることで、自然に対する意識が薄い人にも谷戸の会を身近に感じてもらい、「月1回でも良いので参加してもらえれば」と願う。10年ほど前から、子どもたちを自然の中で育てる、青空自主保育を行う団体「にこにこ会」で保育者としても活動中。かつては合唱やスキー、ゴルフなどを嗜んだが、最近はめっきりやらなくなった。「今は、日々の活動が趣味になっていますね」と微笑んだ。
 

鎌倉版の人物風土記最新6件

藤田 彩歌さん

3年間のイタリア留学を終え、4月21日に市内で帰国記念公演を開くオペラ歌手

藤田 彩歌さん

3月30日号

釣巻(つりまき) 崇さん

由比ガ浜に店舗を構え、鎌倉市中央図書館で展示中のジオラマを制作した

釣巻(つりまき) 崇さん

3月23日号

吉井 瑞穂さん

オーボエ奏者でコンサートシリーズ「レゾナンス『鎌倉の響き』」を主催する

吉井 瑞穂さん

3月16日号

藤田 萌子さん

「神奈川県警察逮捕術大会」女子個人戦で優勝した

藤田 萌子さん

3月9日号

小岩 裕一さん

鎌倉宮の宮司を務める

小岩 裕一さん

3月2日号

近藤 奎五さん

今年で第10回を迎えた鎌倉子供囲碁大会の実行委員長

近藤 奎五さん

2月23日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

江ノ電の歴史を訪ねる

江ノ電の歴史を訪ねる

写真、ジオラマを展示

3月22日~4月8日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク