鎌倉版 掲載号:2013年3月22日号
  • googleplus
  • LINE

造園業者が庭園を整備 鎌倉山の扇湖山荘で

文化

枝の剪定を行う職人
枝の剪定を行う職人

 市内鎌倉山の(仮称)扇湖山荘で3月16日、鎌倉造園界(川㞍祐治会長)による庭園整備が行われた。

 同会と鎌倉市の間では昨年1月、庭園の維持管理に関する協定が結ばれており、今回の整備もそれに基づくもの。当日は職人15人が参加し、伸びた枝やうっそうと茂ったつるを剪定した。

 同会の津田一郎さんは「市の大切な財産なので良い状態の庭園に戻したい。ここまでの規模の庭園は市内でもほとんど残っていないので、若い職人が伝統の技術を受け継ぐ良い機会にもなる」と話していた。

 同山荘は1934年、ワカモト製薬創業者の長尾欣彌の別邸として建築され、美術館や料亭、研修所として利用された後、10年10月に(株)三菱東京UFJ銀行から市に寄贈された。戦前の和風文化を伝える市内屈指の大型遺構で、庭園は高名な造園家の七代小川治兵衛の手によるものとされる。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

江ノ電の歴史を訪ねる

江ノ電の歴史を訪ねる

写真、ジオラマを展示

3月22日~4月8日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク