鎌倉版 掲載号:2013年3月29日号
  • googleplus
  • LINE

独自の日本人論を提示 「鎌倉評論」平井さんが出版

文化

著作を手にする平井さん
著作を手にする平井さん

 鎌倉の政治、文化について独自の発信を続けるミニコミ紙「鎌倉評論」の代表編集者、平井嵩さん(市内岡本在住・75)が昨年、図書新聞社から『日本人の黙示思想』を出版し話題となっている。

 平井さんは定年退職後、様々な市民活動を行うなかで「地方政治には情報が不足している」と感じ、8年前から「鎌倉評論」を年4回発行。4年前からは同名のブログでも情報を発信している。

 そのかたわら、年来の構想をまとめたのが今回の一冊。「日本人には思想的な骨がないと言われるが、言葉になっていない『黙示思想』がある」として仏教や茶道、能などの歴史や明治以降の思想史の解説をもとに、独自の日本人論を導き出している。

 価格は1600円。購入希望者は図書新聞社【電話】03・3234・3471へ。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

江ノ電の歴史を訪ねる

江ノ電の歴史を訪ねる

写真、ジオラマを展示

3月22日~4月8日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク