鎌倉版 掲載号:2013年4月5日号
  • googleplus
  • LINE

意見広告 鎌倉を担う子どもたちを育てるために 教育現場から政策の現場へ!! うえず慎(30歳)

子育てしたくなる街へ まずはお母さん支援!!

 子どもが健やかに育つためには、周囲の大人に愛情深く受け入れられ、心に「安全基地」をもつことが大切だと言われています。しかしそのためには、お母さん自身が心に余裕をもち、安心して子どもに向き合える子育て環境が必要です。

 鎌倉市ではこの7年間で学童の需要が57%増加し24年度調査によると、保育園の待機児童は42名。鎌倉市で子育てしながら働くお母さんは急激に増えているのです。

 私は、まずお母さんや共働き家庭の負担軽減が最優先課題と考え、左記の政策を提案します。

地域総がかりの子育てを!

 鎌倉市の教育相談の約8割は「不登校」に関するものです。私は10年間のNPO活動を通して、子どもたちの『心の居場所』の必要性を痛感しました。それは、いじめに悩む子どもや様々な困難を抱える子たちにも通じます。

 私は、学校・家庭・行政・NPO等を連携させ、鎌倉の子どもを誰一人として見放すことのない環境を作りたい。これまで培ってきた現場体験・大学院での研究・行政委員会での議論を活かし、『地域総がかり』で子どもたちを育てる活動・仕組み作りを政策として提案いたします。
 

うえず慎

TEL:0467-42-4555

http://gorisankamakura.blog.fc2.com/

鎌倉版の意見広告・議会報告最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

江ノ電の歴史を訪ねる

江ノ電の歴史を訪ねる

写真、ジオラマを展示

3月22日~4月8日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク