鎌倉版 掲載号:2013年4月12日号
  • googleplus
  • LINE

鎌倉市 障害児支援の新施策開始 児童福祉法の改正受け

社会

障害児活動支援センター(梶原)
障害児活動支援センター(梶原)

 障害のある学齢期の子どもの放課後や余暇時間の支援策として、「放課後等デイサービス」が4月1日から始まった。児童福祉法の改正に伴うもので、生活能力向上のための訓練や社会との交流により自立を促進する。

 放課後等デイサービスは、昨年4月の児童福祉法改正に伴う障害児への支援強化策の一環として、今年4月1日に始まった。

 対象となるのは幼稚園、大学を除く学校に就学する障害児で、放課後や夏休みなど長期休暇の期間中の居場所を作るとともに、生活能力向上のための訓練を継続的に提供することで、障害児の自立を促進する。

 サービスを利用するには、保護者が利用に関する給付費の支給申請を行い、通所受給者証の発行を受けたうえで、事業所との契約、サービス計画の作成が必要となる。事業者に支払う利用料は、世帯の所得に応じて上限が設けられた。

 鎌倉市内で同サービスを提供しているのは「障害児活動支援センター」(梶原)、「のんびりスペース大船」(台)、「学びの基地」(御成町・雪ノ下)の3施設。

 「支援センター」と「のんびりスペース」の2施設では、数年前から鎌倉市の委託を受けて放課後・余暇支援事業を行ってきた。「学びの基地」では、母子両面の支援や独自の療育プログラムに基づいた身体作りに取り組む。

 障害児は一般的にコミュニケーションが苦手だったり、周囲の理解の不足のために学童などでは孤立してしまうケースも多く、同サービスへのニーズは高い。4月1日現在、サービスを受けるために必要な通所受給者証の発行を受けたのは115人。一方で1施設の定員は10人と定められており、サービスの利用を希望する人に施設整備が追いついていない状況だ。

 「のんびりスペース大船」の吉原正人さんは「1日10人の定員に対して、17人が申し込んだ日もあったが7人には別の日に移ってもらうしかなかった」と話す。障害児活動支援センターの菅原俊幸所長は「サービスを必要としている子ども、保護者はまだまだ多い。地域的な格差を解消するためにも、市は新たな施設整備を進めてほしい」と訴える。

 国では施設整備の目安として「通所など利用者の利便性を考えて中学校区に1つ」を目安としているが鎌倉市では本格的な検討はこれから。市障害福祉課は「まずは地域や保護者のニーズを把握し、必要となれば行政による直接運営など、あらゆる選択肢を検討し整備を進めたい」と話している。
 

鎌倉版のトップニュース最新6件

改修終え4月1日再開

フラワーセンター

改修終え4月1日再開

3月30日号

地元企業が共同で「社食」運営

ごみ処理施策めぐり紛糾

鎌倉市議会

ごみ処理施策めぐり紛糾

3月23日号

障害者診療がスタート

市歯科医師会

障害者診療がスタート

3月23日号

「伝統文化発信の拠点に」

市内の書家小山渚さん

「伝統文化発信の拠点に」

3月16日号

毎日の運動がポイントに

鎌倉市

毎日の運動がポイントに

3月16日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

江ノ電の歴史を訪ねる

江ノ電の歴史を訪ねる

写真、ジオラマを展示

3月22日~4月8日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク