鎌倉版 掲載号:2013年4月12日号
  • googleplus
  • LINE

「耳順」を記念し個展 書家・寺原さん海蔵寺で

文化

耳順にちなみ60点を展示
耳順にちなみ60点を展示

 書家、寺原聖山さん(寒川町在住・61)の「耳順記念個展」が3月27日から31日まで、市内扇ガ谷の海蔵寺で開催された。

 期間中は掛け軸やカルタ、陶器など60点を展示。観光客らも多く訪れ、古刹の春と濃淡の芸術を楽しんだ。

 寺原さんは宮崎県出身。5歳で書を始め、教員として県立高校で国語を教えるかたわら、数々の展覧会に入賞し、現在は日展などの審査員も務める。

 海蔵寺での個展は40歳での「不惑展」、50歳での「知命展」に続いて3度目。論語の故事から60歳を意味する耳順は「聞いたことを素直に受け入れるようになる」という意味で「ようやくその境地に少し近づいてきたかな」と寺原さんは笑う。

 個展は自身と向き合い、書という答えなき芸術を追い求める貴重な時間。「命あれば70歳で『従心展』を開催したい」と早くも10年後に気持ちは向かっている。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

江ノ電の歴史を訪ねる

江ノ電の歴史を訪ねる

写真、ジオラマを展示

3月22日~4月8日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク