鎌倉版 掲載号:2013年5月3日号
  • googleplus
  • LINE

登録はゴールではなくスタート

文化

鎌倉市世界遺産登録推進担当部長小嶋 秀一郎さん
鎌倉市世界遺産登録推進担当部長小嶋 秀一郎さん

―世界遺産登録へ向けた、鎌倉市におけるこれまでの取り組みを教えて下さい。

 「最も特徴的なのは、2006年に設立された『鎌倉世界遺産登録推進協議会』です。協議会には行政だけでなく商業、観光、寺社の関係者、そして市民の皆さんが参加し一体となって啓発活動などを続けてきました。その成果が必ず良い結果となって表れると思っています」

―改めて世界遺産に登録される意味はどこにあるとお考えですか。

 「実は私は何も変わらないと思っています。ですが世界遺産となれば、鎌倉の文化遺産が世界的に価値を認められことになる。登録は市民としてそれを後世に向けて守っていく、と宣言する機会です。ですから私は登録はゴールではなくスタートだと考えています」

―登録されれば観光客が増加し、渋滞やごみ問題がこれまで以上に悪化するのではという声もあります。

 「京都などでは、登録後間もなくは観光客の増加があったもののすぐに元通りになったそうです。すでに年間1800万人以上の観光客をお迎えしている鎌倉でも同様に、大幅な観光客の増加はないと思っています。むしろ先ほど申し上げたように、鎌倉らしいまちづくり、人づくりを考え、従来からの課題についても解決策を考える契機としたいと思います」
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

江ノ電の歴史を訪ねる

江ノ電の歴史を訪ねる

写真、ジオラマを展示

3月22日~4月8日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク