鎌倉版 掲載号:2013年5月24日号
  • googleplus
  • LINE

「突っ張り棒」の設置・普及に取り組む鎌倉ガーディアンズの副代表 片瀬 都志夫さん 岡本在住 63歳

人の喜びを力に変えて

 ○…地震が発生した際、家具の転倒を抑止する「突っ張り棒」の無料設置を行う防犯・防災ボランティア「鎌倉ガーディアンズ」。責任者として普及に取り組んでいる。東日本大震災以降、津波対策は進む一方で「揺れそのものから身を守る防災が進んでいない」と感じていた。そこで目を付けたのが「突っ張り棒」。「手軽だしお金もかからない。この活動が全国に広がってくれたら」と語る。

 ○…すでに30件近い依頼があり「ニーズはあると思っていたけれどここまでの申し込みは想像以上」と手応えを感じている様子。不動産業の経験を活かし、設置現場では家具下にストッパーを入れて滑りにくくするほか、天井に当て板をするなど転倒しにくい様々な工夫を取り入れている。1年限定の予定でスタートした事業だが「必要とされるならば延長することも検討したい」と話す。

 ○…静岡県出身。30代の初めに友人の飲食店を手伝うため、鎌倉に移った。09年の夏、ガーディアンズの結成を目指していた代表の大津定博さんから「防犯ボランティア団体をつくるのでぜひ参加してほしい」と持ちかけられた。面識はなかったものの「必要な取り組みだと思った」と参加を決めた。団体の設立当初からイベントの警備や史跡の見守りなどに携わる。市内の高齢者施設で働きながら、民生委員や町内会長も務めており、休日もないような忙しさが続く。それでも「人に喜んでもらえるのが何よりの原動力。大変だと思ったことはないよ」と朗らかに笑う。

 ○…5年前に妻を亡くし現在は一人暮らし。栄区に住む小学1年生の孫娘が訪ねてくるのが何よりの楽しみだ。「最近、自分が生かされている、と感じることが多くなった。その人の運命は誰にも分からない。だからこそ、今を一生懸命に生きるしかない」。「必要としてくれる人がいる」。そのことを喜びと力に変え、今日も地域を飛び回っている。
 

鎌倉版の人物風土記最新6件

藤田 彩歌さん

3年間のイタリア留学を終え、4月21日に市内で帰国記念公演を開くオペラ歌手

藤田 彩歌さん

3月30日号

釣巻(つりまき) 崇さん

由比ガ浜に店舗を構え、鎌倉市中央図書館で展示中のジオラマを制作した

釣巻(つりまき) 崇さん

3月23日号

吉井 瑞穂さん

オーボエ奏者でコンサートシリーズ「レゾナンス『鎌倉の響き』」を主催する

吉井 瑞穂さん

3月16日号

藤田 萌子さん

「神奈川県警察逮捕術大会」女子個人戦で優勝した

藤田 萌子さん

3月9日号

小岩 裕一さん

鎌倉宮の宮司を務める

小岩 裕一さん

3月2日号

近藤 奎五さん

今年で第10回を迎えた鎌倉子供囲碁大会の実行委員長

近藤 奎五さん

2月23日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

江ノ電の歴史を訪ねる

江ノ電の歴史を訪ねる

写真、ジオラマを展示

3月22日~4月8日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク