鎌倉版 掲載号:2013年6月14日号
  • googleplus
  • LINE

初の民間救命救急センター 湘南鎌倉総合病院

社会

挨拶する塩野院長
挨拶する塩野院長

 湘南鎌倉総合病院(市内岡本、塩野正喜院長)で5月31日、同院の救命救急センター指定に関する「報告会」が行われた。

 同院は今年4月、急性心筋梗塞や多発外傷など、重篤な救急患者を24時間体制で受け入れる3次救急医療機関である救命救急センターの指定を神奈川県から受けた。これまで県内16カ所のセンターはいずれも大学病院や公的な医療機関で、民間病院の指定は県内初。

 同院では「絶対に断らないER型救急」の実践を掲げて体制の充実を図ってきた。2010年、11年と2年連続で救急搬送された患者の入院受け入れ件数で国内最多を記録しており、こうした実績が今回の指定につながった。

 「報告会」には来賓の松尾崇市長をはじめ約100人が出席。同院の救急医療体制についての説明や、外傷センターの併設など今後の構想についての発表が行われた。塩野院長は「行政や地域の医療機関の皆さんの協力に改めて感謝している。これからも中核病院としての責任を果たしていきたい」と挨拶した。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

江ノ電の歴史を訪ねる

江ノ電の歴史を訪ねる

写真、ジオラマを展示

3月22日~4月8日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク