鎌倉版 掲載号:2013年10月18日号
  • googleplus
  • LINE

東慶寺 「伝統工芸 応援する場に」 北鎌倉の古刹が画廊開設

 古くは「縁切り寺」として知られた北鎌倉の東慶寺が10月10日、伝統工芸をテーマにした常設のギャラリーとショップを開設した。関係者は「伝統文化を応援する場としたい」と話しており、700年以上の歴史を持つ古刹がユニークな挑戦に臨んでいる。

 東慶寺は北条時宗の夫人・覚山志道尼によって1285年に開創。女性が寺に駆込み3年務めることで夫と離縁できる独自の寺法を取り入れ、近世まで「女人救済の尼寺」として広く知られた。明治期に禅寺となっている。

 「東慶寺ギャラリー&ショップ」は日本の伝統工芸を紹介する場として同寺内に開設された。1階は和紙製品や鎌倉彫、染め物、東慶寺の花々のポストカードなど約150点が揃うショップ。2階が展示ギャラリーとなっている。入場無料。

 寺では写経や障子などに使う和紙や、染め物など日本古来から伝わる手仕事の品を扱う場面が多い。東慶寺では「伝統工芸品を紹介し地域の学びの場としてもらいたい」とこれまでにも「和紙」「染め物」などをテーマにした企画展やワークショップを開催してきた。同施設開設はこの取り組みを一歩進めたものという。

 井上米輝子(まきこ)代表は「日本には残していくべき美しい工芸品がある。紹介の場を設けることで、次世代へ引き継いでいくための一助に少しでもなれば」と話す。鎌倉には鎌倉彫といった伝統工芸品があることから「地域の伝統をつないでいく手伝いがしたい」という。

 同ギャラリーの堀光子さんは「お寺を世の中へ開かれた場にしていけたら。多くの人と相互に交流して伝統を身近に感じてもらいたい」と話す。

カンボジア伝統布展示22日から

 同ギャラリーで22日(火)から27日(日)まで「祈りの絵絣・ピダンとメコンの布 展」が開かれる。内戦の影響で伝承が危機に瀕しているというカンボジアの伝統絵織物を紹介。午前10時から午後4時まで。

 問い合わせは東慶寺ギャラリー&ショップ【電話】0467・50・0460へ。

暑中お見舞い申し上げます

DJ・HAGGY

ラジオDJ、TVキャスターとして情報発信していきます。

http://www.djhaggy.com

JAさがみ

JAさがみは都市農業を守り、皆さまの営農と暮らしに貢献します

http://ja-sagami.or.jp/

社会保険労務士会藤沢支部

人事労務管理のコンサルティング、年金相談、労働社会保険事務手続きの代行等

http://sr-fujisawa.jp/

目指せ一人前の「電気技術者」

地元企業「増田電気」の求人広告は、月1回タウンニュース藤沢版にて掲載中!

https://ameblo.jp/masuda-denki/

鎌倉酒販協同組合

「鎌倉梅ワイン」「かまくら梅酒」などネット販売中

http://kamakura-syuhan.com/

鎌倉商工会議所 青年部

会員募集中 最新情報はこちらで

http://bit.ly/2Aa4pM7

株式会社 イソダ

創業大正13年。湘南・鎌倉・藤沢・茅ヶ崎・逗子の地で実績を誇る神奈川の工務店

http://www.isoda.co.jp/

鎌倉市川喜多映画記念館

鎌倉の風情と、世界の映画を楽しめる贅沢なひとときを。企画展開催中。

http://www.kamakura-kawakita.org/

鎌倉商工会議所

企業を育て地域を伸ばす

http://www.kamakura-cci.or.jp

<PR>

鎌倉版のトップニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

人形たちの物語を上演

人形たちの物語を上演

鎌倉こどもミュージカル

7月31日~8月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク