鎌倉版 掲載号:2014年1月31日号
  • googleplus
  • LINE

歴史の会 玉縄の風土知る一冊発行 地元小中学校にも寄贈

文化

山田会長(左)が『風土記』を松尾市長に手渡した=1月26日(同会提供)
山田会長(左)が『風土記』を松尾市長に手渡した=1月26日(同会提供)
 「玉縄 歴史の会」(山田三郎会長)はこのほど、同地域の伝承や風習をまとめた『玉縄の歴史と文化〜玉縄風土記〜』を発行した。今後は地元の小・中学校にも寄贈する予定で、関係者は「ここを故郷として育つ子どもたちが、地域の歴史や風習を知るきっかけになれば」と話す。

 『玉縄風土記』は、古代から現在に至るまでの地域の歴史に加え寺社、石碑、石塔などを写真とともに紹介した一冊。方言や「百日咳には白南天の実を煎じて飲む」といった民間療法、年中行事から冠婚葬祭に至るまで幅広く掲載している。A4版282ページで後半の54ページ分は資料に充てている。

 編集・発行した「玉縄 歴史の会」は1998年に前身となる団体が発足。戦国時代に北条氏が拠点を築いた「玉縄城」を中心に、地域の歴史や風俗の調査・研究を行っている。現在の会員は75人。

 同会では2012年が「玉縄城築城500年」に当たるのを機に、周辺の史跡を紹介した「玉縄史跡めぐりマップ」(2011年)や、地域の歴史をわかりやすくまとめた「玉縄の歴史散歩」(2012年)をそれぞれ発行している。

 今回の「風土記」はタイトル通り、地域に伝わる伝承や風習にスポットを当てたこれまでの研究の集大成とも言えるもの。3年ほど前から準備を進めてきた。

 同会の関根肇副会長は「玉縄では近年、開発が進んで人口が急増しているが、親世代は地域について知らない人も多い。多少難解だがこれを先生や保護者が読んで、この場所を故郷として育つ子どもたちに歴史や風習を伝えてほしい」と狙いを話す。今後は玉縄地区社協が購入の上、地域内の小・中学校に寄贈する予定で、1月26日には玉縄地区新春のつどいで松尾崇市長に手渡した。

 1冊1500円で発売。購入希望者は2月3日(月)以降にNPOセンター大船【電話】0467・42・0345またはNPOセンター鎌倉【電話】0467・60・4555へ。

暑中お見舞い申し上げます

DJ・HAGGY

ラジオDJ、TVキャスターとして情報発信していきます。

http://www.djhaggy.com

JAさがみ

JAさがみは都市農業を守り、皆さまの営農と暮らしに貢献します

http://ja-sagami.or.jp/

社会保険労務士会藤沢支部

人事労務管理のコンサルティング、年金相談、労働社会保険事務手続きの代行等

http://sr-fujisawa.jp/

目指せ一人前の「電気技術者」

地元企業「増田電気」の求人広告は、月1回タウンニュース藤沢版にて掲載中!

https://ameblo.jp/masuda-denki/

鎌倉酒販協同組合

「鎌倉梅ワイン」「かまくら梅酒」などネット販売中

http://kamakura-syuhan.com/

鎌倉商工会議所 青年部

会員募集中 最新情報はこちらで

http://bit.ly/2Aa4pM7

株式会社 イソダ

創業大正13年。湘南・鎌倉・藤沢・茅ヶ崎・逗子の地で実績を誇る神奈川の工務店

http://www.isoda.co.jp/

鎌倉市川喜多映画記念館

鎌倉の風情と、世界の映画を楽しめる贅沢なひとときを。企画展開催中。

http://www.kamakura-kawakita.org/

鎌倉商工会議所

企業を育て地域を伸ばす

http://www.kamakura-cci.or.jp

<PR>

鎌倉版のトップニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

人形たちの物語を上演

人形たちの物語を上演

鎌倉こどもミュージカル

7月31日~8月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク