鎌倉版 掲載号:2014年1月31日号
  • googleplus
  • LINE

2013年火災件数 昨年比11件の増加 警報器「奏功」が4件

社会

防火訓練で法堂に放水(28日=建長寺)
防火訓練で法堂に放水(28日=建長寺)
 鎌倉市消防本部はこのほど、2013年の市内の災害概要をまとめた。1年間の火災件数は41件で、前年と比べて11件増加した。また、設置が義務付けられた住宅用火災警報器によって4件が早期発見につながり、ぼや程度で食い止めることができたという。

 同消防本部は「件数は増えたが、原因別で見ると例年と同様の傾向。最も多かったのが『放火(疑い含む)』の9件だった。燃えやすいものを家の周りに置かないなど対策をしてほしい」と話す。続いては8件の「たばこ」、5件の「電気関係」、4件の「こんろ(天ぷら油含む)」となっていた。

 また、住宅用火災警報器によって4件が早期発見され、ぼや程度で消し止められたという。同装置は火災の逃げ遅れを防ぐことを目的としており、鎌倉市では2005年10月に設置が義務付けられた。市内の現在の推計設置率は84・1%で、県平均83・5%や全国平均79・8%を上回っている。同本部は「火災は、就寝時に逃げ遅れて死亡するケースも多い。警報器を設置すればそれを防ぐことができる。これからも啓発を続けていきたい」と語る。

「文化財を守ろう」建長寺で防火訓練

 建長寺で1月28日、文化財防火のための消防総合訓練が行われた。寺務所などがある大庫裏から出火した想定で、隣接する重要文化財の「法堂」に延焼させないためにポンプ車やはしご車が放水を行うなど、10隊34人が本番さながらの機敏な動きを見せた。僧侶たち30人も文化財を屋外に運び出すなど訓練に参加した。

 市内には国宝15件をはじめ579件の文化財があり、重要文化財保有社寺は73事業所。建長寺では昨年7月に敷地内の民家2軒を焼く火災が発生し、僧侶たちが仏像を屋外へ避難させた。文化財への延焼は免れたものの2人が死傷した。

暑中お見舞い申し上げます

DJ・HAGGY

ラジオDJ、TVキャスターとして情報発信していきます。

http://www.djhaggy.com

JAさがみ

JAさがみは都市農業を守り、皆さまの営農と暮らしに貢献します

http://ja-sagami.or.jp/

社会保険労務士会藤沢支部

人事労務管理のコンサルティング、年金相談、労働社会保険事務手続きの代行等

http://sr-fujisawa.jp/

目指せ一人前の「電気技術者」

地元企業「増田電気」の求人広告は、月1回タウンニュース藤沢版にて掲載中!

https://ameblo.jp/masuda-denki/

鎌倉酒販協同組合

「鎌倉梅ワイン」「かまくら梅酒」などネット販売中

http://kamakura-syuhan.com/

鎌倉商工会議所 青年部

会員募集中 最新情報はこちらで

http://bit.ly/2Aa4pM7

株式会社 イソダ

創業大正13年。湘南・鎌倉・藤沢・茅ヶ崎・逗子の地で実績を誇る神奈川の工務店

http://www.isoda.co.jp/

鎌倉市川喜多映画記念館

鎌倉の風情と、世界の映画を楽しめる贅沢なひとときを。企画展開催中。

http://www.kamakura-kawakita.org/

鎌倉商工会議所

企業を育て地域を伸ばす

http://www.kamakura-cci.or.jp

<PR>

鎌倉版のトップニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

人形たちの物語を上演

人形たちの物語を上演

鎌倉こどもミュージカル

7月31日~8月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク