鎌倉版 掲載号:2014年2月28日号 エリアトップへ

被災地支援を目的とした個展を開催している日本画家 村田 林藏さん 笛田在住 59歳

掲載号:2014年2月28日号

  • LINE
  • hatena

復興への思い絵筆に込める

 ◯…「震災が徐々に忘れられようとしていると感じていた」。3月9日まで、被災地の支援を目的とした個展を小町のギャラリーで開催している。故郷の岩手県花巻市は津波などの被害は受けなかったが、母が転倒して怪我を負い、鎌倉で「避難生活」を送った。被災地の現状と復興の進捗を常に気にかけており「今自分に何が出来るかを考えたら、やはり作品を見てもらうことだと思った」と語る。

 ◯…幼い頃から絵が得意で、高校2年生で応募した県の展覧会では一般参加者に混ざり2位に入賞した。「絵で食べていきたい」と決意し、東京芸術大学を受験するも不合格。しかし受験を終え帰郷する前に立ち寄った上野の博物館で、運命の出会いがあった。長谷川等伯の「松林図」を目にし「絵から深い精神性を感じた。素直に感動しました」と油絵から日本画への転身を決意。翌年、見事に東京芸大に合格し、大学では平山郁夫氏に師事した。卒業後は院展での入選を重ね、全国の百貨店や画廊で個展を開催。師・平山氏との縁もあり、16年前に鎌倉に住居とアトリエを構えた。

 ◯…今回展示するのは、岩絵の具ではなく、和紙に墨や水彩絵の具で描いた作品が中心。「日本の四季や風景を描くのに最も適した手法はやはり日本画。長く受け継がれてきた良さを、もっと気軽に感じてもらえたら」とその意図を口にする。故郷と日本画、自らを育て支えてくれたものへの強い思いが、鎌倉で初となる個展の後押しとなった。

 ◯…大学の同級生で同じく日本画家の妻・宏子さんとは卒業後すぐに結婚し、3人の男の子に恵まれた。子育ての間も夫婦それぞれが作品制作を続けてきた。今年6、7月には岩手町立石神の丘美術館で、初の夫婦展が開催される予定だ。「お互いに作品について感想を言いあったりすることも多い。そういう存在が身近にいることは心強いですね」。その作品と同様、優しく穏やかな口調で語った。

鎌倉版の人物風土記最新6

北川 幸子(ゆきこ)さん

私設スペース「衣笠駅徒歩1分図書館」を運営する

北川 幸子(ゆきこ)さん

大町在住

9月17日号

山田 美奈都さん

大船のコワーキングスペース「はじまる学び場。」を運営する

山田 美奈都さん

37歳

9月10日号

古市 泰宏さん

メッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンの基礎構造を発見した

古市 泰宏さん

寺分在住 80歳

9月3日号

岩城 徳郁(のりふみ)さん

鎌倉税務署長に就任した

岩城 徳郁(のりふみ)さん

60歳

8月27日号

飯笹 信和さん

鎌倉彫会館の館長に就任した

飯笹 信和さん

大町在住 56歳

8月20日号

中澤 秀佳さん

全国高等学校将棋選手権大会の女子個人戦で準優勝した

中澤 秀佳さん

清泉女学院高校1年

8月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook