鎌倉版 掲載号:2014年3月21日号 エリアトップへ

「師・横山先生」を語る 小山さんが講演

文化

掲載号:2014年3月21日号

  • LINE
  • hatena
講演する小山さん(上)当日会場で展示された横山さんからのお年玉袋。中身は5円ほどだったとか(下)
講演する小山さん(上)当日会場で展示された横山さんからのお年玉袋。中身は5円ほどだったとか(下)

 本紙「サン・サン家族」の連載でもおなじみの漫画家・小山賢太郎さんが3月8日、深沢学習センターで「漫画家・横山隆一先生の話」と題して講演を行った。

 これは鎌倉市生涯学習推進委員会が企画したもの。当日は約30人が集まった。

交流は一本の電話から

 鎌倉に居を構え「フクちゃん」で知られる横山隆一さん(1909〜2001)と小山さんが出会ったのは、小山さんが証券取引所のサラリーマンをしながら雑誌、新聞等にイラストや一コマ漫画を掲載していた20代の終わり頃。すでに漫画界の重鎮として知られていた横山さんから「小山君?作品見ているよ。鎌倉に住んでいるなら遊びにおいでよ」と、突然の電話。慌てて自宅に駆けつけ、以来、公私にわたる交流が始まった。

 酒をこよなく愛し「飲み方にもプロとアマチュアがあるんだ」と豪語していた横山さん。小山さんと二人で飲む時もウイスキー1本を空けることはザラだったという。

 毎年春に自宅で行われる花見会には顔の広さから数百人が訪れ、小山さんも前日から準備に奔走したこと、趣味である鉄道模型や「珍品コレクション」の話など、知られざる素顔をユーモアたっぷりに紹介した。

人生を変えた出会い

 「漫画は教えるものではないから」と生涯弟子をとらなかった横山さんだが、小山さんがサラリーマンをしながら漫画が描けるよう、旧知の証券取引所の会長に直談判するなど、多方面から活動を応援。周囲から「横山隆一のただ一人の弟子」と認識されていたという。

 ある時、小山さんが「サラリーマンを辞めて漫画に専念したい」と相談したところ「せっかく情報が集まるところにいるのだから辞める必要はない」と止められ、結局定年まで勤め上げたというエピソードも披露。「人生観を変えられた人はたくさんいるが、私の人生そのものを変えてしまったのは横山先生だけ」と振り返った。

 講演を聞いた男性は「身近にいた人にしか語れないユニークな話ばかりで興味深かった」と話した。

鎌倉版のローカルニュース最新6

1週間で23人増

新型コロナ市内陽性者

1週間で23人増 社会

1月29日号

節分の豆まき中止に

節分の豆まき中止に 文化

感染症拡大防止のため

1月29日号

食料配布と生活相談

食料配布と生活相談 社会

きょう、あす大船で

1月29日号

ピアノ好きの交流会

『鎌倉の谷戸と廃寺&古絵図』

『鎌倉の谷戸と廃寺&古絵図』 文化

ー鎌倉の尾根道・枝道・藪道探訪ー岡田 厚 著

1月29日号

俳句・川柳作品を募集

俳句・川柳作品を募集 文化

みらいふる鎌倉

1月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月29日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク