鎌倉版 掲載号:2014年3月28日号 エリアトップへ

長谷寺宝物館 4月閉館リニューアルへ 2015年秋の再開目指す

文化

掲載号:2014年3月28日号

  • LINE
  • hatena
現在の展示室の様子(上)。「展示スペースを広げ観覧しやすくなります」と学芸員の三浦さん(左)
現在の展示室の様子(上)。「展示スペースを広げ観覧しやすくなります」と学芸員の三浦さん(左)

 長谷寺所蔵の文化財を保管、展示している宝物館が4月1日から、改装工事のため閉館する。展示スペースを広げる工事を行い、開館35周年に当たる2015年秋のリニューアルオープンを目指す。

 長谷寺宝物館は、同寺が所蔵する文化財の保管、展示を目的に1980年、同寺観音堂の脇に開館した。

 50年代に国宝に指定され6面からなる「懸仏(かけぼとけ)」(現在は奈良国立博物館へ貸出し中)や33体の仏像からなり、同館開設前は観音像の周囲に安置されていた「応現身像」(市指定重要文化財)などを展示し、観光客や地域住民に同寺の由緒や鎌倉の文化を伝える役割を担ってきた。年間の来館者は約3万人に上る。

 しかし開館から30年以上が経過し館内施設の老朽化が進んだことに加え、約500件の所蔵品に対して展示スペースが狭いことなどを受け、改装についての話し合いが一昨年から話し合われてきたという。

 その結果、開館35周年に当たる2015年秋のリニューアルオープンを目指し、4月1日に閉館、1年半にわたる改装工事が行われることになった。

 今回の改装では、同館に隣接する大黒堂を移動し、約200平方メートルだった展示スペースの床面積を50平方メートルほど増やす。これにより、観覧時の歩行スペースを広げ、展示点数を増加させることができる、としている。また、大地震といった有事の際に、仏像同士が将棋倒しになるなどの被害を防ぐため、展示にもゆとりを確保する工夫を行うという。

 同館の主任学芸員・三浦浩樹さんは「リニューアル後は展示内容にもより力を入れたい」と話している。

 3月31日までは平常展示が行われており、午前9時から午後4時まで入場可能。入館料は大人200円、小学生100円。問い合わせは同館【電話】0467・22・6300へ。

鎌倉版のトップニュース最新6

1週間で陽性者89人増

鎌倉市内新型コロナ

1週間で陽性者89人増 社会

累計で427人に

1月15日号

「緊急事態」受け対応決定

「緊急事態」受け対応決定 社会

市施設は時間短縮など

1月15日号

「新庁舎規模縮小も検討」

新春市長インタビュー

「新庁舎規模縮小も検討」 政治

基本計画策定は来年度に

1月8日号

交通不便解消へ実証実験

交通不便解消へ実証実験 社会

二階堂・浄明寺で31日まで

1月8日号

「教育現場に外部の力を」

鎌倉市

「教育現場に外部の力を」 教育

連携へ資金募集開始

1月1日号

「新年度26億円の減収に」

新春市長インタビュー

「新年度26億円の減収に」 政治

リーマンショック並み予測

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク