鎌倉版 掲載号:2014年4月25日号 エリアトップへ

父・眞一さんが撮影した鎌倉の風景をまとめた写真集を刊行した 竹腰 吉晃さん 材木座在住 60歳

掲載号:2014年4月25日号

  • LINE
  • hatena

受け継ぐ鎌倉の風景

 ◯…50年以上も押し入れにひっそりと眠っていた写真やネガ。そこには松林が続く由比ガ浜の海岸や舗装されていない若宮大路、茅葺き屋根の建長寺など、今は失われてしまった鎌倉の風景が収められていた。父・眞一さんが戦後間もない頃から10年にわたり撮影した90点を掲載した写真集をこのほど完成させた。「多くの人に懐かしい鎌倉の姿を見てほしい」と明日から写真展も開催する。

 ◯…戦地から帰国後、酒販店を営みながら鎌倉を撮り続けた父。幼稚園に入る前に亡くなったため、その記憶はほとんどないという。押し入れの箱に父の写真が入っていることは知っていたが「古いだけでどうってことない写真だと思っていた」と振り返る。一昨年、何の気なしに引っ張り出した父の写真に目を見張った。移ろいゆく四季や市井の人々の表情など、シャッターを切った瞬間の父の感動が伝わるように感じた。「歴史的な意味だけではない、何より写真作品として面白い」と、数十点を選んで写真展を開催したところ大きな話題となった。

 ◯…「お気に入り」は数多いが、その一枚が鶴岡八幡宮へのお宮参りを写した一枚。母の腕に抱かれる自分とその表情をのぞきこもうと伸びをする姉の姿。「口数は少ない人だったそうだけれど、家族に対する愛情が感じられるね」と微笑む。いつ、どこで撮影したのか分からない写真も多く、撮影場所を推測して訪ねることも多い。「ミステリーを読み解くような気分」と数十年を経た父との「会話」を楽しんでいる。

 ◯…父が遺した店を継いだが8年前に閉店。現在は昭和の佇まいを残したギャラリーとして運営している。父の作品のデジタル化も進めており、市への寄贈なども検討中。「子どもたちはもちろん100年、200年後の市民に鎌倉がこのような姿だったと知ってもらえれば」。自らも生まれ育った鎌倉の美しい風景を、次代に受け継いでいく。

鎌倉版の人物風土記最新6

石井 里枝さん

鎌倉の日常を描いた日本画の個展「新春・鎌倉 我楽多市」を開催する

石井 里枝さん

七里ガ浜東在住 56歳

1月8日号

米澤 寿人(ひさと)さん

(公社)鎌倉青年会議所の理事長に就任した

米澤 寿人(ひさと)さん

今泉在住 34歳

1月1日号

十文字 美信さん

写真家で「鎌倉プロモーションフォトコンテスト」の審査委員長を務める

十文字 美信さん

雪ノ下在住 73歳

12月18日号

久田 典子さん

現代音楽の作曲家として国内外で活動する

久田 典子さん

笛田在住 57歳

12月4日号

鮎沢 尚(ひさし)さん

地域限定メディア「The Sunrise鎌倉」を発足させた

鮎沢 尚(ひさし)さん コミュニティ

笹目町在住 44歳

11月20日号

吉倉 正司さん

11月1日付でJR鎌倉駅の駅長に就任した

吉倉 正司さん

横浜市在住 58歳

11月13日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク