鎌倉版 掲載号:2014年5月16日号 エリアトップへ

手作り凧の伝統受け継ぐ 発足約30年「鎌倉凧の会」

文化

掲載号:2014年5月16日号

  • LINE
  • hatena
節句の日、こいのぼり35匹と共に揚がる凧(写真提供:鎌倉凧の会)と藤原さん
節句の日、こいのぼり35匹と共に揚がる凧(写真提供:鎌倉凧の会)と藤原さん

 大型連休中のある朝、由比ヶ浜海岸の空を色とりどりの凧が舞った。揚げていたのは「鎌倉凧の会」のメンバー。地域で受け継がれてきた伝統を守ろうとする会の活動について聞いた。

 同会は1986年、それまで市内の各地域にあった「保存会」などを統合する形で発足した。時代の変化で凧揚げの機会が少なくなるなか、伝統の継承が目的だったという。

 現在は約50人が所属し、春や秋に「大会」と題して会員がそれぞれ手作りした凧を揚げて楽しんでいる。会員の多くは60〜70代だが、「海岸を散歩中に凧揚げをしている様子を見て『飛び込み』で活動に参加するようになりました」という矢部光寛さん(40)のように若手の会員も徐々に増えている。

 会長の藤原隆彦さんによると、鎌倉では凧揚げはお祝いの際に行われることが多かったため鎌倉凧は正方形で、家紋や「祝」「勝」などを描いた字凧が多いことが特徴という。

 「昭和の初め頃は、鎌倉に別荘を持つ人などが『スポンサー』となり、大凧を競うように揚げていた。何十枚も空を舞っていたその景色はさぞ壮観だったと思う」と藤原さん。当時、見物する人々には食事が振舞われ、浜はお祭りのような賑わいだったそうだ。 

 同会は子どもを対象とした普及活動にも力を入れる。依頼があれば凧作り教室を開催しており、第一小学校では毎年5年生に作り方とその魅力を伝えている。藤原さんは「凧を作り始めて60年近く経つが、完成した時の喜びは今も変わらない。子どもたちにこそ和凧を作り、それを揚げる楽しさを知ってほしい」と話している。

鎌倉版のローカルニュース最新6

大船駅前のグランシップテナントが順次開店

【Web限定記事】大船駅北第二地区ビル商業ゾーン「GRAND SHIP」

大船駅前のグランシップテナントが順次開店 経済

公式ホームページが開設 春には広場の利用も開始

3月5日号

ベンチがつなぐ五輪の輪

【Web限定記事】

ベンチがつなぐ五輪の輪 教育

藤沢工科高生が製作

3月5日号

ワクチン接種控えコールセンター開設

樹木の特徴、管理方法を学ぶ

【Web限定記事】

樹木の特徴、管理方法を学ぶ 教育

鎌倉 公園サポーター養成講座「剪定」 募集中

3月5日号

鎌倉市新庁舎、現庁舎跡地を考えるワークショップ

【Web限定記事】

鎌倉市新庁舎、現庁舎跡地を考えるワークショップ 社会

オンライン開催

2月26日号

 鎌倉国宝館で特別展「ひな人形」

【Web限定記事】

 鎌倉国宝館で特別展「ひな人形」 文化

調度品類も見どころ。3月14日まで

2月26日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

  • 1月29日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク